[スポンサーリンク]

H

ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

脱炭酸を伴い、カルボン酸銀塩からアルキルハライドを合成する反応。

基本文献

 

反応機構

ラジカル中間体を経る機構が提唱されている。
hunsdiecker_2.gif

反応例

銀を使用しないHunsdieker反応[1] hunsdiecker_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Prakash, J.;. Roy, S. J. Org. Chem. 200267, 7861.DOI: 10.1021/jo025868h

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidati…
  2. エタール反応 Etard Reaction
  3. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reactio…
  4. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic A…
  5. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation
  6. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Eva…
  7. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reac…
  8. サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxida…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 波動-粒子二重性 Wave-Particle Duality: で、粒子性とか波動性ってなに?
  2. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Katsuki Asymmetric Epoxidation (Sharpless AE)
  3. 乳がんを化学的に予防 名大大幸医療センター
  4. 親子で楽しめる化学映像集 その2
  5. カーボンナノリング合成に成功!
  6. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に
  7. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む
  8. 長井長義 Nagayoshi Nagai
  9. 第43回―「均質ナノ粒子の合成と生命医学・触媒への応用」Taeghwan Hyeon教授
  10. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~

第266回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院薬学研究科 中林研究室 修士二年生の杉村 俊紀(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP