[スポンサーリンク]

H

ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction

 

概要

脱炭酸を伴い、カルボン酸銀塩からアルキルハライドを合成する反応。

基本文献

 

反応機構

ラジカル中間体を経る機構が提唱されている。
hunsdiecker_2.gif

反応例

銀を使用しないHunsdieker反応[1] hunsdiecker_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Prakash, J.;. Roy, S. J. Org. Chem. 200267, 7861.DOI: 10.1021/jo025868h

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Syn…
  2. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…
  3. 脱離反応 Elimination Reaction
  4. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Cl…
  5. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  6. バージェス試薬 Burgess Reagent
  7. パーコウ反応 Perkow Reaction
  8. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photored…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  2. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編
  3. 界面活性剤 / surface-active agent, surfactant
  4. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)
  5. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証
  6. 大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売
  7. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する
  8. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  9. 春田 正毅 Masatake Haruta
  10. もし炭素原子の手が6本あったら

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP