[スポンサーリンク]

H

ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

脱炭酸を伴い、カルボン酸銀塩からアルキルハライドを合成する反応。

基本文献

 

反応機構

ラジカル中間体を経る機構が提唱されている。
hunsdiecker_2.gif

反応例

銀を使用しないHunsdieker反応[1] hunsdiecker_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Prakash, J.;. Roy, S. J. Org. Chem. 200267, 7861.DOI: 10.1021/jo025868h

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  2. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  3. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocataly…
  4. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction…
  5. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler React…
  6. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  7. 野崎・檜山・岸反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (N…
  8. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quino…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  2. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ
  3. 研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-
  4. 「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始
  5. 尿はハチ刺されに効くか 学研シリーズの回顧
  6. 風力で作る燃料電池
  7. 第七回ケムステVプレミアレクチャー「触媒との『掛け算』で研究者を育て、組織を面白く、強くする」
  8. 工程フローからみた「どんな会社が?」~OLED関連
  9. SciFinderマイスター決定!
  10. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP