[スポンサーリンク]

ケムステニュース

2011年10大化学ニュース【後編】

 

2011年10大化学ニュース【前編】に引き続いて、【後編】!残り数分(なんとか間に合った!)、除夜の鐘を聞きながらもしくは新しい年の始まりを感じながら2011年化学をもう一度振り返ってみましょう。

ジョブズの死・iphone4Sの発売ー化学ITは群雄割拠

2011top10news5.png

2011年はアップルのカリスマ創始者スティーブ・ジョブズがなくなりました。その後すぐに発売されたiPhone4S。現在は彼の進めてきたiPhoneの開発からはじまったスマートフォン全盛の時代となっています。新しいMac OSX Lionも発売されました。化学業界のIT化はいかにということですが、基本となるソフトは変わらないものの、科学情報を整理、収集するための多くのツールが開発されました。文献を簡単に収集する、Organic Chemistry Reference ResolverやArticle Locatorが公開されたのも本年です。単純なアイデアであるものの文献収集を非常に用意なものとしました。これに関しては、月刊化学に記事を書かせていただきました(2011年(66巻)12月号 【解説】続化学研究ライフハック! ●山口潤一郎・望田憲嗣 )文献整理ソフトにもある革新的な無料ソフト(ReadCube)が紹介されました。キラーアプリになるのかわかりませんし、いまだオールマイティーなツールはありませんが、確実に化学研究を加速するツールが増えていくことは間違いないでしょう。乗り遅れないように注意しましょうね!

[ケムステ関連記事]

MacでChem3Dー新たなる希望ー

文献管理のキラーアプリとなるか? 「ReadCube」

研究活動の御用達!PDF加工のためのクラウドサービス

化学研究ライフハック:これまでの記事を総まとめ!

こんなサービスが欲しかった! 「Chemistry Reference Resolver」

 

若い世代の活躍ー化学分野も!

 

2011top10news7.png

 今年は若い世代のAKB一色の年ではなかったでしょうか(筆者はあんまり詳しくないのでわかりません。)化学界も若い世代がとってもがんばりました。なんといっても、高校生の化学研究が2つ論文になったということが報道されたのが嬉しい限りです。サイエンスに興味がないといわれている、若い世代にも化学オリンピックや化学啓蒙イベントなどを継続して行い、サイエンスに興味をもってくれる若者が増えてくれることを願います。そんな若者を教育するのは我々の使命であり、「最近の若者は…」という決まり文句は、自分たちを否定していいるだけなんで、そんな暇があったら科学の面白さを伝えればと思います。

[ケムステ関連記事]

茨城の女子高生が快挙!

仙台の高校生だって負けてません!

2011年いろんな命名ー元素の命名も。

2011top10news9.png

 どーやら2011年にうまれた子供の名前は男の子は大翔(ヒロト)、女の子は結衣(ユイ)が一番のようで。子供の命名はその年の映画やドラマ、アニメ、注目俳優、女優等できまるようで、時代を反映しているいわゆる流行物ものでもあります。ところで、(かなり強引に話をもっていきますが)、今年は化学界では”新たに生まれた”114番目と116番目の元素が命名されました。それぞれ「フレロビウム(Fl)」と「リバモリウム(Lv)」。もちろん普通の名前のようにかぶることもできず、流行というよりは発見者、場所(国)、背景などバランスを考えた命名となっています。113番目の元素がどのような命名になるか、来年、再来年もっと先になるかもしれませんが注目したいと思います。

[ケムステ関連記事]

114番元素と116番元素の名称が間もなく決定! 

114番元素と116番元素が正式認可される

「京」が世界一を奪還ー化学界の状況は?

2011top10news6.png

 スパコン「京」の世界一の奪還。それでもすぐに他国でもそれを超えるスパコンが開発されている。勝たねばならない。1番であるために。化学界はいかがでしょうか。もちろん一番は重要ですが、化学に立脚したオリジナルな研究がいつの時代でも求められています。学術的な話に関しては分野をすべて知っていないとできませんが、いくつか分野は限られますが、面白かった化学ネタをいくつか振り返って紹介させていただきたいと思います。

[ケムステ関連記事]

分子レベルでお互いを見分けるゲル

わずか6工程でストリキニーネを全合成!!

含ケイ素四員環-その2-

Z-選択的オレフィンメタセシス

このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー

カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

力学的エネルギーで”逆”クリック!

書籍ベストセラ:化学はやっぱり…

2011topnews10.png

どうやら2011年のNo.1 売上書籍はAmazonではスティーブ・ジョブズ I、トーハンでは謎解きはディナーのあとで、和書全般では涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)であったらしいです。ITとアニメ強し…といった状況だったわけですが、化学分野ではどうでしょうか。やっぱり「ラブ・ケミストリー 」ですね。「ジェノサイド 」という.創薬化学を専攻する大学院生を主役とする書籍もありましたが、今年はガチで化学の描写を書いた「ラブケミストリー」が化学分野のベストセラー!来年も期待しています。

[ケムステ関連記事]

「ラブ・ケミストリー」の著者にインタビューしました。

有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」

訃報2011-化学分野

 上記に記載した、ジョブズやカダフィー大佐、ビンラディン、金正日など悪名高い方が多いですが、多くの方がなくなりました。化学分野でも「有機化学美術館」の佐藤さんが詳しく記載されていますが(レクイエム2011)おおくの著名な化学者がなくなりました。一部のリストを掲載いたします。

1月3日 ウィリアム・フォン・エッガース・デーリング(有機化学)
1月9日 丹羽淳(名大、有機化学)
1月10日 北丸 竜三(京大、高分子化学)
1月11日 木村允(山口大、化学工学)
1月12日白石振作(東大、有機合成化学)
1月19日 田宮 信雄(東北大・生化学)
2月11日 杉原剛介(福岡大、コロイド・界面化学)
2月26日 本多健一(東京大名誉教授、東京工芸大名誉学長、光電気化学専攻)
2月28日 大塚保治(慶大・高分子化学)
3月4日 神田 慶也(元九州大学長・構造化学)
3月22日 David Jin (米国・有機合成化学)
4月4日 Emanuel Vogel (ドイツ・構造有機)
4月14日 ウィリアム・リプスコム(米国:ノーベル化学賞受賞者)
4月6日 Francis Gordon Albert Stone(英国)
5月8日 Corwin Hansch(米国)
5月27日 ?村知之(岐阜大学、高分子)
6月23日 John Glasby(英国)
7月23日 Richard Pike(英国)
8月9日 Mimi Lee(米国)
9月28日 村上幸夫(大阪市立大・物理化学)

この中でも個人的に一番残念であったのがDavid Gin氏の死去。皆様のご冥福をお祈りいたします。

[ケムステ関連記事]

 【追悼企画】鋭才有機合成化学者ーProf. David Gin

というわけで、10大ニュースなんとか紹介することができました。本年もChem-Stationをご愛護いただきまして誠に有難うございました。来年も化学情報サイトとしてスタッフ一同全力で化学を啓蒙していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。それでは良いお年を!

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  2. 化学 2005年7月号
  3. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト
  4. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  5. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
  6. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  7. 2008年10大化学ニュース
  8. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  2. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
  3. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する
  4. 天然物化学
  5. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay
  6. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  7. ChemTile GameとSpectral Game
  8. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  9. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  10. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP