[スポンサーリンク]


微生物学

  1. 【書籍】女性が科学の扉を開くとき:偏見と差別に対峙した六〇年 NSF(米国国立科学財団)長官を務めた科学者が語る

    概要米国の女性科学者たちは科学界のジェンダーギャップにどのように向き合い,変えてきたのか …(中略)「科学の未来のために何ができるか」男女問わずよびかける科学への情熱が眩しい一冊!(引用:東京化学同人)対象者中学生以上。特に…

  2. bassler

    ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

    ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

  3. クオラムセンシング Quorum Sensing

    クオラムセンシング (Quorum Sensing)クオラムセンシング (Quorum Sens…

  4. E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

    E・ピーター・グリーンバーグ(Everett Peter Greenberg, 1948年11月7日…

  5. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie

    エマニュエル・シャルパンティエ(Emmanuel Charpentier、1968年xx月xx日(J…

  6. やっぱりリンが好き

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2023年4月号:ビニルボロン酸・動的キラル高分子触媒・ホスホニウムイリド・マイクロ波特異効果・モレキュラーシーブ
  2. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)
  3. ホストとゲスト?
  4. 「引っ張って」光学分割
  5. 【25卒 化学業界企業合同説明会 8/29(火)・30(水)・9/5(火)・6(水) Zoomウェビナー開催!】化学系学生のための就活
  6. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  7. Skype英会話の勧め

注目情報

最新記事

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

PAGE TOP