[スポンサーリンク]


有機分子触媒|ゆうきぶんししょくばい

  1. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜

    第140回目のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系 大宮研究室の安田茂雄助教にお願いしました。大宮研究室は2017年に立ち上がった新進気鋭のグループで、教授の大宮先生を筆頭に若手のスタッフを中心にご活躍されています…

  2. プロリン ぷろりん proline

    プロリン(proline)は、タンパク質などを構成する α-アミノ酸の一種である。 (さらに&…

  3. キニーネ きにーね quinine

    キニーネ(quinine)は、アカネ科キナ属植物の樹皮に含まれるアルカロイドです。 (さらに&…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  2. マイケル付加 Michael Addition
  3. 近くにラジカルがいるだけでベンゼンの芳香族性が崩れた!
  4. ゼロから始める!量子化学計算~遷移状態を求める~
  5. 【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!
  6. カルボン酸β位のC–Hをベターに臭素化できる配位子さん!
  7. 【十全化学】新卒採用情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

PAGE TOP