[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

チエナマイシン /thienamycin

[スポンサーリンク]

thienamycin.gif
チエナマイシン(Thienamycin)は、抗生物質の一種である。

  • 用途・歴史

1976年にStreptomyces cattleyaから単離される。ペニシリン同様に細菌の細胞壁合成プロセスを阻害する。グラム陽性/陰性両方の菌に有効である。βラクタマーゼをもつペニシリン耐性菌にも効果がある。

  • 合成法
thienamycin_2.gif
  • 関連文献
  • 関連書籍
抗生物質のはなし
日本実業出版社
発売日:1999-05
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 抗生物質&感染症早わかり
おすすめ度5 身近な存在である抗生物質に関する話題を提供
  • 関連リンク

抗生物質の話 (有機って面白いよね!)

Thienamycin – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ミック因子 (Myc factor)
  2. カルボラン carborane
  3. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  4. ブラッテラキノン /blattellaquinone
  5. フルエッギン Flueggine
  6. グルコース (glucose)
  7. オーラノフィン (auranofin)
  8. ロドデノール (rhododenol)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  2. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  3. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  4. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-
  5. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見
  6. 【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学
  7. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  8. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  9. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  10. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP