[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

チエナマイシン /thienamycin

thienamycin.gif
チエナマイシン(Thienamycin)は、抗生物質の一種である。

  • 用途・歴史

1976年にStreptomyces cattleyaから単離される。ペニシリン同様に細菌の細胞壁合成プロセスを阻害する。グラム陽性/陰性両方の菌に有効である。βラクタマーゼをもつペニシリン耐性菌にも効果がある。

  • 合成法
thienamycin_2.gif
  • 関連文献
  • 関連書籍
抗生物質のはなし
日本実業出版社
発売日:1999-05
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 抗生物質&感染症早わかり
おすすめ度5 身近な存在である抗生物質に関する話題を提供
  • 関連リンク

抗生物質の話 (有機って面白いよね!)

Thienamycin – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. デルフチバクチン (delftibactin)
  2. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroaniso…
  3. ノビリシチンA Nobilisitine A
  4. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  5. カンファー(camphor)
  6. エンテロシン Enterocin
  7. スピノシン Spinosyn
  8. バニリン /Vanillin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー
  2. 「さびない鉄」産業界熱視線
  3. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  4. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  5. アメリカ化学留学 ”立志編 ー留学の種類ー”!
  6. 世界が終わる日までビスマス
  7. ボリルヘック反応の開発
  8. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  9. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  10. 化学系ブログのインパクトファクター

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP