[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

チエナマイシン /thienamycin

[スポンサーリンク]

thienamycin.gif
チエナマイシン(Thienamycin)は、抗生物質の一種である。

  • 用途・歴史

1976年にStreptomyces cattleyaから単離される。ペニシリン同様に細菌の細胞壁合成プロセスを阻害する。グラム陽性/陰性両方の菌に有効である。βラクタマーゼをもつペニシリン耐性菌にも効果がある。

  • 合成法
thienamycin_2.gif
  • 関連文献
  • 関連書籍
抗生物質のはなし
日本実業出版社
発売日:1999-05
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 抗生物質&感染症早わかり
おすすめ度5 身近な存在である抗生物質に関する話題を提供
  • 関連リンク

抗生物質の話 (有機って面白いよね!)

Thienamycin – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アスパルテーム /aspartame
  2. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(T…
  3. カフェイン caffeine
  4. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphth…
  5. ゲオスミン(geosmin)
  6. バトラコトキシン (batrachotoxin)
  7. カルボラン carborane
  8. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コープ転位 Cope Rearrangement
  2. 天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?
  3. 個性あるTOC
  4. 歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン
  5. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?
  6. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxidation
  7. コーヒーブレイク
  8. 還元された酸化グラフェン(その1)
  9. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  10. リンドラー還元 Lindlar Reduction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP