[スポンサーリンク]

ケムステニュース

超高性能プラスチック、微生物で原料を生産

3,4-AHBA

?石油に依存せずに、耐久性に優れ、応用範囲が広いプラスチックの大量生産に道を開く研究として注目される。米科学誌電子版に掲載された。
 堀之内教授らのグループは、土の中にいる微生物の放線菌の一種が、超高性能プラスチックの主要な原料となる「3―アミノ―4―ヒドロキシ安息香酸(3、4―AHBA)」と呼ばれる化合物を産生することに着目。わずか2種類の新しい酵素によって、この化合物が合成されることを突き止めた。(引用:読売新聞

?具体的には、3,4-AHBA放線菌ストレプトミセス・グリセウスの黄色色素生合成遺伝子クラスター中に見出された新規遺伝子から得られるそうです。

?3,4-AHBAは強度・耐熱性に極めて優れた性質を示す機能性ポリマー(ポリ-2,5-ベンズオキサゾール)の合成原料となります。

  • 関連リンク

東大農生科応生工醗酵学研究室

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定
  2. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺…
  3. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  4. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  5. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  6. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  7. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  8. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 塩にまつわるよもやま話
  2. サムスン先端研恐るべし -大面積プリンタブルグラフェンの合成-
  3. 水分解 water-splitting
  4. 不安定化合物ヒドロシランをうまくつくる方法
  5. 春の褒章2011-化学
  6. もし新元素に命名することになったら
  7. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授
  8. 究極のエネルギーキャリアきたる?!
  9. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  10. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation with NHPI Catalyst

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

化合物の合成や構造決定に勤しんでいる読者の皆様。最近、島津製作所から新しいFTIR(フーリエ変換赤外…

PAGE TOP