[スポンサーリンク]

ケムステニュース

超高性能プラスチック、微生物で原料を生産

[スポンサーリンク]

3,4-AHBA

?石油に依存せずに、耐久性に優れ、応用範囲が広いプラスチックの大量生産に道を開く研究として注目される。米科学誌電子版に掲載された。
 堀之内教授らのグループは、土の中にいる微生物の放線菌の一種が、超高性能プラスチックの主要な原料となる「3―アミノ―4―ヒドロキシ安息香酸(3、4―AHBA)」と呼ばれる化合物を産生することに着目。わずか2種類の新しい酵素によって、この化合物が合成されることを突き止めた。(引用:読売新聞

?具体的には、3,4-AHBA放線菌ストレプトミセス・グリセウスの黄色色素生合成遺伝子クラスター中に見出された新規遺伝子から得られるそうです。

?3,4-AHBAは強度・耐熱性に極めて優れた性質を示す機能性ポリマー(ポリ-2,5-ベンズオキサゾール)の合成原料となります。

  • 関連リンク

東大農生科応生工醗酵学研究室

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―
  2. 構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ
  3. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い
  4. 2011年10大化学ニュース【前編】
  5. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  6. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  7. 肩こりにはラベンダーを
  8. 富士写、化学材料を事業化

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学物質恐怖症への処方箋
  2. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授
  3. 光化学フロンティア:未来材料を生む有機光化学の基礎
  4. iBooksで有機合成化学を学ぶ:The Portable Chemist’s Consultant
  5. 元素検定にチャレンジせよ!
  6. ヘリウム Helium -空気より軽い! 超伝導磁石の冷却材
  7. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  8. アセタール系保護基 Acetal Protective Group
  9. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  10. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP