[スポンサーリンク]

ケムステニュース

超高性能プラスチック、微生物で原料を生産

[スポンサーリンク]

3,4-AHBA

?石油に依存せずに、耐久性に優れ、応用範囲が広いプラスチックの大量生産に道を開く研究として注目される。米科学誌電子版に掲載された。
 堀之内教授らのグループは、土の中にいる微生物の放線菌の一種が、超高性能プラスチックの主要な原料となる「3―アミノ―4―ヒドロキシ安息香酸(3、4―AHBA)」と呼ばれる化合物を産生することに着目。わずか2種類の新しい酵素によって、この化合物が合成されることを突き止めた。(引用:読売新聞

?具体的には、3,4-AHBA放線菌ストレプトミセス・グリセウスの黄色色素生合成遺伝子クラスター中に見出された新規遺伝子から得られるそうです。

?3,4-AHBAは強度・耐熱性に極めて優れた性質を示す機能性ポリマー(ポリ-2,5-ベンズオキサゾール)の合成原料となります。

  • 関連リンク

東大農生科応生工醗酵学研究室

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  2. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  3. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ
  4. 富士写、化学材料を事業化
  5. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  6. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  7. アミンの新合成法
  8. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【環境・化学分野/ウェビナー】マイクロ波による次世代製造 (プラ分解、フロー合成、フィルム、乾燥、焼成)
  2. 日本語で得る学術情報 -CiNiiのご紹介-
  3. 天然の保護基!
  4. 2011年人気記事ランキング
  5. 熱活性化遅延蛍光 Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF)
  6. アスピリン あすぴりん aspirin 
  7. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  8. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける
  9. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応
  10. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP