[スポンサーリンク]

ケムステニュース

超高性能プラスチック、微生物で原料を生産

3,4-AHBA

?石油に依存せずに、耐久性に優れ、応用範囲が広いプラスチックの大量生産に道を開く研究として注目される。米科学誌電子版に掲載された。
 堀之内教授らのグループは、土の中にいる微生物の放線菌の一種が、超高性能プラスチックの主要な原料となる「3―アミノ―4―ヒドロキシ安息香酸(3、4―AHBA)」と呼ばれる化合物を産生することに着目。わずか2種類の新しい酵素によって、この化合物が合成されることを突き止めた。(引用:読売新聞

?具体的には、3,4-AHBA放線菌ストレプトミセス・グリセウスの黄色色素生合成遺伝子クラスター中に見出された新規遺伝子から得られるそうです。

?3,4-AHBAは強度・耐熱性に極めて優れた性質を示す機能性ポリマー(ポリ-2,5-ベンズオキサゾール)の合成原料となります。

  • 関連リンク

東大農生科応生工醗酵学研究室

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  2. 医薬品の黄金世代到来?
  3. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Orga…
  4. グローバルCOE審査結果
  5. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ
  6. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  7. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  8. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  2. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclopentene Synthesis
  3. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee
  4. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation
  5. ゲルマニウムビニリデン
  6. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  7. Mukaiyama Award―受賞者一覧
  8. 重いキノン
  9. Al=Al二重結合化合物
  10. 前代未聞のねつ造論文 学会発表したデータを基に第三者が論文を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP