[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

キニーネ きにーね quinine

[スポンサーリンク]

mol_quinine_1.gif

キニーネ(quinine)は、アカネ科キナ属植物の樹皮に含まれるアルカロイドです。

  • 歴史・用途

1820年にパリの薬剤師PelletierとCaventouによって単離されました。キニーネはマラリア原虫に対して特異的な毒性を示すほか、解熱作用も有し、マラリアの第一選択薬として現在でも用いられています。

有機合成においては、酸性化合物の光学分割剤として古くから用いられるほか、近年では不斉有機分子触媒としての応用で注目を集めています。

  • 関連書籍
晶文社
ロバート・S. デソウィッツ(著)Robert S. Desowitz(原著)栗原 豪彦(翻訳)
発売日:1996-04
発送時期:通常3~5週間以内に発送
ランキング:596919
Harpercollins
Fiammetta Rocco(著)
発売日:2003-08-05
発送時期:通常1~3週間以内に発送
ランキング:556394

 

  • 関連リンク

キニーネの物語(1) (2) (有機化学美術館)

Quinine (Wikipedia)

キニーネ(Wikipedia日本)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アスピリン あすぴりん aspirin 
  2. オキサリプラチン /oxaliplatin
  3. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)
  4. カリオフィレン /caryophyllene
  5. カルタミン
  6. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  7. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン…
  8. ブラッテラキノン /blattellaquinone

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【追悼企画】化学と生物で活躍できる化学者ーCarlos Barbas教授
  2. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授
  3. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton
  4. FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2015
  5. 個性あふれるTOC大集合!
  6. サーモサイエンティフィック「Exactive Plus」: 誰でも簡単に精密質量を!
  7. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  8. アミンの新合成法
  9. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授
  10. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP