[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

キニーネ きにーね quinine

[スポンサーリンク]

mol_quinine_1.gif

キニーネ(quinine)は、アカネ科キナ属植物の樹皮に含まれるアルカロイドです。

  • 歴史・用途

1820年にパリの薬剤師PelletierとCaventouによって単離されました。キニーネはマラリア原虫に対して特異的な毒性を示すほか、解熱作用も有し、マラリアの第一選択薬として現在でも用いられています。

有機合成においては、酸性化合物の光学分割剤として古くから用いられるほか、近年では不斉有機分子触媒としての応用で注目を集めています。

  • 関連書籍
晶文社
ロバート・S. デソウィッツ(著)Robert S. Desowitz(原著)栗原 豪彦(翻訳)
発売日:1996-04
発送時期:通常3~5週間以内に発送
ランキング:596919
Harpercollins
Fiammetta Rocco(著)
発売日:2003-08-05
発送時期:通常1~3週間以内に発送
ランキング:556394

 

  • 関連リンク

キニーネの物語(1) (2) (有機化学美術館)

Quinine (Wikipedia)

キニーネ(Wikipedia日本)

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  2. ペンタレネン Pentalenene
  3. アピオース apiose
  4. セレノネイン selenoneine
  5. オキサリプラチン /oxaliplatin
  6. ククルビットウリル Cucurbituril
  7. 白リン / white phosphorus
  8. ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン / Hexanitrohe…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成
  2. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  3. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~
  4. ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成
  5. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  6. 【味の素ファインテクノ】新卒採用情報(2022卒)
  7. メバスタチン /Mevastatin
  8. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する
  9. モルヒネ morphine
  10. 真空ポンプ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP