[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

キニーネ きにーね quinine

[スポンサーリンク]

mol_quinine_1.gif

キニーネ(quinine)は、アカネ科キナ属植物の樹皮に含まれるアルカロイドです。

  • 歴史・用途

1820年にパリの薬剤師PelletierとCaventouによって単離されました。キニーネはマラリア原虫に対して特異的な毒性を示すほか、解熱作用も有し、マラリアの第一選択薬として現在でも用いられています。

有機合成においては、酸性化合物の光学分割剤として古くから用いられるほか、近年では不斉有機分子触媒としての応用で注目を集めています。

  • 関連書籍
晶文社
ロバート・S. デソウィッツ(著)Robert S. Desowitz(原著)栗原 豪彦(翻訳)
発売日:1996-04
発送時期:通常3~5週間以内に発送
ランキング:596919
Harpercollins
Fiammetta Rocco(著)
発売日:2003-08-05
発送時期:通常1~3週間以内に発送
ランキング:556394

 

  • 関連リンク

キニーネの物語(1) (2) (有機化学美術館)

Quinine (Wikipedia)

キニーネ(Wikipedia日本)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. レスベラトロール /resveratrol
  2. トリニトロトルエン / Trinitrotoluene (TNT…
  3. ミノキシジル /Minoxidil
  4. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  5. アルファリポ酸 /α-lipoic acid
  6. ロドデノール (rhododenol)
  7. マツタケオール mushroom alcohol
  8. ブレビコミン /Brevicomin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  2. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される
  3. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  4. 中村 修二 Shuji Nakamura
  5. 東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀
  6. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  7. エルマンイミン Ellman’s Imine
  8. 化学グランプリ 参加者を募集
  9. マット・シェア Matthew D. Shair
  10. 「重曹でお掃除」の化学(その2)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP