[スポンサーリンク]


緑色蛍光タンパク

  1. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

    マーティン・チャルフィー(Martin Chalfie、1947年2月1日-)は、アメリカの生化学者である。米コロンビア大学教授。緑色蛍光タンパクを生命化学へと応用したことが評価され、2008年ノーベル化学賞を受賞している。 (さら…

  2. 下村 脩 Osamu Shimomura

    下村 脩(しもむら おさむ、1928年8月27日-2018年10月19日)は、アメリカ在住の生物学者…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful Islam教授
  2. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  3. 高い専門性が求められるケミカル業界の専門職でステップアップ。 転職で威力を発揮する「ビジョンマッチング」とは
  4. フラーレンの単官能基化
  5. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット
  6. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる
  7. 野依記念物質科学研究館

注目情報

最新記事

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP