[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ペイン転位 Payne Rearrangement

 

概要

塩基性条件下、2,3-エポキシアルコールは異性化を起こす。
エポキシアミンやエポキシスルフィドも同様の反応を起こす。

基本文献

 

反応機構

payne_rearr_2.gif

反応例

Merrilactone Aの合成[1] payne_rearr_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] (a) Birman, V. B.; Danishefsky, S. J. J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 2080.DOI: 10.1021/ja012495d (b) Meng, Z.; Danishefsky, S. J. Angew. Chem. Int. Ed. 200544, 1511. doi:10.1002/anie.200462509

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Pr…
  2. アセタール系保護基 Acetal Protective Grou…
  3. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky…
  4. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  5. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asy…
  6. リード反応 Reed Reaction
  7. マイケル付加 Michael Addition
  8. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxida…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻
  2. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授
  3. 化学物質恐怖症への処方箋
  4. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  5. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  6. ゲオスミン(geosmin)
  7. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  8. バートン反応 Barton Reaction
  9. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授
  10. 井上 将行 Masayuki Inoue

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP