[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ペイン転位 Payne Rearrangement

 

概要

塩基性条件下、2,3-エポキシアルコールは異性化を起こす。
エポキシアミンやエポキシスルフィドも同様の反応を起こす。

基本文献

 

反応機構

payne_rearr_2.gif

反応例

Merrilactone Aの合成[1] payne_rearr_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] (a) Birman, V. B.; Danishefsky, S. J. J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 2080.DOI: 10.1021/ja012495d (b) Meng, Z.; Danishefsky, S. J. Angew. Chem. Int. Ed. 200544, 1511. doi:10.1002/anie.200462509

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann C…
  2. ワイス反応 Weiss Reaction
  3. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ri…
  4. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction…
  5. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  6. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  7. マイヤー・シュスター転位/ループ転位 Meyer-Schuste…
  8. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka
  2. 元素のふしぎ展に行ってきました
  3. グリニャール反応 Grignard Reaction
  4. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  5. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  6. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  7. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  8. 化学オリンピック完全ガイド
  9. サリドマイドを監視
  10. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP