[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

[スポンサーリンク]

マーティン・チャルフィー(Martin Chalfie、1947年2月1日-)は、アメリカの生化学者である。米コロンビア大学教授。緑色蛍光タンパクを生命化学へと応用したことが評価され、2008年ノーベル化学賞を受賞している。

経歴

1969 ハーバード大学 卒業
1977 ハーバード大学 博士号取得 (Robert Perlman教授)
19xx 英国 Laboratory of Molecular Biology 博士研究員
1982 コロンビア大学

 

受賞歴

2008 ノーベル化学賞

 

研究概要

緑色蛍光タンパク(GFP)の遺伝子を線虫(C.elegans)に導入し、オワンクラゲ以外の生体内で発現させることに成功。[1] 生命化学研究ツールとしてのGFPの可能性を示した。

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] Chalfie, M. et al. Science 1994, 263, 802. doi:10.1126/science.8303295

 

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter
  2. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews
  3. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt II…
  4. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  5. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  6. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  7. 北川 進 Susumu Kitagawa
  8. リチャード・ラーナー Richard Lerner

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  2. ブートキャンプ
  3. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  4. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  5. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  6. 今冬注目の有機化学書籍3本!
  7. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  8. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  9. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  10. Reaxys体験レポート反応検索編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ

Cambridge Structural Databaseに収録された結晶構造が100万件に到達し,…

高校教科書に研究が載ったはなし

高校高学年向け化学の教科書が2019年度から新しくなりました。その作成の一部に関わる貴重な体験ができ…

発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

A novel class of radiopharmaceuticals has proven…

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP