[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

[スポンサーリンク]

マーティン・チャルフィー(Martin Chalfie、1947年2月1日-)は、アメリカの生化学者である。米コロンビア大学教授。緑色蛍光タンパクを生命化学へと応用したことが評価され、2008年ノーベル化学賞を受賞している。

経歴

1969 ハーバード大学 卒業
1977 ハーバード大学 博士号取得 (Robert Perlman教授)
19xx 英国 Laboratory of Molecular Biology 博士研究員
1982 コロンビア大学

 

受賞歴

2008 ノーベル化学賞

 

研究概要

緑色蛍光タンパク(GFP)の遺伝子を線虫(C.elegans)に導入し、オワンクラゲ以外の生体内で発現させることに成功。[1] 生命化学研究ツールとしてのGFPの可能性を示した。

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] Chalfie, M. et al. Science 1994, 263, 802. doi:10.1126/science.8303295

 

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeff…
  2. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  3. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  4. エリック・メガース Eric Meggers
  5. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  6. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo
  7. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  8. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification
  2. 2009年8月人気化学書籍ランキング
  3. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  4. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用
  5. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発
  6. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  7. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』
  8. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  9. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
  10. みんなーフィラデルフィアに行きたいかー!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP