[スポンサーリンク]


芳香族

  1. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る

    今回は、Knorr ピロール合成、Kröhnke ピリジン合成、あるいは Hantzsch ジヒドロピリジン合成のように炭素—炭素結合の構築を含むヘテロ環合成を俯瞰します。ヘテロ環合成によく利用される反応剤の種類についてお話し、ヘテロ環合成…

  2. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る

    今回は、Paal-Knorr ピロール合成のような、カルボニル化合物を用いた縮合反応によるヘテロ環合…

  3. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2

    前回、芳香族求電子置換反応の概要と一般的な反応機構についてお話ししました。そこでは、ベンゼンの安定な…

  4. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1

    芳香族求電子置換反応は、芳香族化合物における代表的な反応です。多くの教科書でも体系化されている反応な…

  5. リンと窒素だけから成る芳香環

    1825年にファラデーがベンゼンを発見し、その後、1865年にケクレがその6員環構造を提唱してから今…

  6. カルボラン carborane

スポンサー

ピックアップ記事

  1. すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル
  2. Evonikとはどんな会社?
  3. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」
  4. Glenn Gould と錠剤群
  5. はしか流行?
  6. 甲種危険物取扱者・合格体験記~カルダモン編
  7. 多彩な蛍光を発する単一分子有機化合物をつくる

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

PAGE TOP