[スポンサーリンク]


農薬

  1. ストリゴラクトン類縁体の構造活性相関研究 ―海外企業ポスドク―

    ケムステ海外研究記の第40回目は、先日までSyngenta AG(シンジェンタ)に留学されていた吉村柾彦さんにお願いしました。(写真はStein, Switzerlandにある、Syngentaの試験場を含む研究所の全景。SCSより引用)…

  2. 【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

    日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

  3. 農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

     この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

  4. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化

    住友化学は、米国のモンサント社との間で、2010年に構築された米国における農作物保護(雑草防除)分野…

  5. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 

    【2014年11月18日・意味上 問題のある部分を削除し(『(クロロタロニル)原液をぶちまける』)、…

  6. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

  7. スピノシン spinosyn

スポンサー

ピックアップ記事

  1. e.e., or not e.e.:
  2. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  3. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  4. 博士号で世界へ GO!-ー日本化学会「化学と工業:論説」より
  5. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-triazine
  6. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation
  7. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される

注目情報

最新記事

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP