[スポンサーリンク]

その他

酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

[スポンサーリンク]

酢酸フェニル水銀は、イネいもち病菌のカビを殺菌する特効薬として1948年に農薬登録、1973年に失効した農薬

酢酸フェニル水銀を農薬として使用した場合、土壌中では分解されてジフェニル水銀となり、公害問題で悪名高いメチル水銀には変換されず非検出であったこと[1]から、毒性は低いものと推定されます。しかし、水銀化合物への社会不安の余波もあり、使われなくなりました。

参考論文

  1. “Phenylmercuric Acetate: Metabolic Conversion by Microorganisms.” Fumio Matsumura et al. Science 1971 DOI: 10.1126/science.173.3991.49
The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. デルフチバクチン (delftibactin)
  2. エンテロシン Enterocin
  3. サリチル酸 (salicylic acid)
  4. メントール /menthol
  5. ブレビコミン /Brevicomin
  6. グルコース (glucose)
  7. リコペン / Lycopene
  8. ビタミンB12 /vitamin B12

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法
  2. シラフィン silaffin
  3. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨格多様化合成法の開発
  4. メソポーラスシリカ(3)
  5. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis
  6. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl
  7. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  8. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin
  9. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応
  10. ボンビコール /bombykol

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP