[スポンサーリンク]

その他

酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

酢酸フェニル水銀は、イネいもち病菌のカビを殺菌する特効薬として1948年に農薬登録、1973年に失効した農薬

酢酸フェニル水銀を農薬として使用した場合、土壌中では分解されてジフェニル水銀となり、公害問題で悪名高いメチル水銀には変換されず非検出であったこと[1]から、毒性は低いものと推定されます。しかし、水銀化合物への社会不安の余波もあり、使われなくなりました。

参考論文

  1. “Phenylmercuric Acetate: Metabolic Conversion by Microorganisms.” Fumio Matsumura et al. Science 1971 DOI: 10.1126/science.173.3991.49
The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  2. ヘロナミドA Heronamide A
  3. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  4. アデノシン /adenosine
  5. アピオース apiose
  6. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,…
  7. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  8. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  2. 就職か進学かの分かれ道
  3. カチオン重合 Cationic Polymerization
  4. Rice cooker
  5. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学
  6. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  7. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  8. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも超伝導
  9. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開始
  10. 一流の化学雑誌をいかにしてつくるか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP