[スポンサーリンク]


重水素化

  1. DeuNet (重水素化ネットワーク)

    Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, DeuNet) は重水素化施設と研究所の国際的なネットワークであり、中性子研究や他の特性評価技術で使用する分子や生体分子の重水素化サービスやカス…

  2. 中性子線を利用した分析法

    X線や電子線を利用した分析と比べて、中性子 (neutron) を利用した化学分析は馴染みがない方が…

  3. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

    マニュエル・ヴァン・ゲメレン (Manuel van Gemmeren (né Mahlau) 19…

  4. 新規重水素化触媒反応を開発―医薬品への直接重水素導入を達成―

    第415回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 薬学研究科 薬品分子化学分野(竹本研究室)の糸…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される
  2. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化
  3. -ハロゲン化アルキル合成に光あれ-光酸化還元/コバルト協働触媒系によるハロゲン化アルキルの合成法
  4. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
  5. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-
  6. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~
  7. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP