[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

[スポンサーリンク]

マニュエル・ヴァン・ゲメレン (Manuel van Gemmeren (né Mahlau) 1985年xx月xx日-)は、ドイツの化学者である。キール大学教授。

経歴

2010 Albert-Ludwigs Universität, Freiburg im Breisgau (Germany) – Chemistry Diploma. Supervisor: Prof. Dr. R. Brückner
2014 Max-Planck-Institut für Kohlenforschung, Mülheim an der Ruhr – Doctorate (summa cum laude). Supervisor: Prof. Dr. B. List
2014 – 2015 Max-Planck-Institut für Kohlenforschung, Mülheim an der Ruhr (Germany) – Scientific staff in the group of Prof. Dr. B. List
2015 – 2016 Institut Català d’Investigació Química (ICIQ), Tarragona (Spain) – Postdoctoral studies in the group of Prof. Dr. Rubén Martín
2016 – 2022 Junior research group leader at the Westfälische Wilhelms-Universität Münster
Since 4/2022 Professor for Organic Chemistry at Kiel University

この間
2017 – 2020 Head of the Otto Hahn Junior Research Group “Catalyst Controlled Selective Transformations and Ligand Design” of the Max Planck Institute for Chemical Energy Conversion, Mülheim an der Ruhr, Germany (Located at the Organic Chemistry Institute of the WWU Münster)
Since 10/2018 Crowd Review Editor – Synlett; Thieme
2020 – 2022 Emmy Noether research group leader at the Westfälische Wilhelms-Universität Münster

受賞歴

2005 – Book Prize of the GDCh
2007 – Award for excellent achievements in the intermediate examinations awarded by the Facutly for Chemistry, Pharmacy and Geosciences of the Albert-Ludwigs University Freiburg
2010 – Award for excellent achievements in the diploma examinations awarded by the Alumni Association of the Albert-Ludwigs University Freiburg
2009 – 2010 – Scholarship by the German National Academic Foundation
2011 – 2014 – Kekulé Fellowship by the German Chemical Industry Fund (FCI)
2014 – 1st Poster Prize, Zing Asymmetric Synthesis Conference, 25th – 28th February 2014; Nerja, Malaga (Spain)
2015 – 2016 – Feodor Lynen Fellowship of the Alexander von Humboldt Foundation
05/2016 – 08/2016 – Feodor Lynen Return Fellowship of the Alexander von Humboldt Foundation
2016-2017 – Young Leaders in Science Fellowship by the Schering Foundation
06/2016 – Otto Hahn Medal of the Max Planck Society 2015
06/2016 – Otto Hahn Award of the Max Planck Society 2015
09/2016 – Liebig Fellowship of the German Chemical Industry Fund (Fonds der Chemischen Industrie, FCI)
11/2016 – Thieme Chemistry Journal Award 2017
01/2019 – Member of the Junges Kolleg of the North Rhine-Westphalian Academy of Sciences, Humanities and the Arts
03/2019 – ADUC Award of the German Chemical Society (GDCh)
05/2019 – JSP-Fellowship to participate in the Bürgenstock Conference (Swiss Chemical Society, SCG)
12/2019 – Grant within the Emmy Noether Programme of the DFG
09/2020 – ERC Starting Grant
12/2020 – Research Prize by the Dr.-Otto-Röhm-Gedächtnisstiftung
07/2021 – Dozentenpreis by the German Chemical Industry Fund (Verband der Chemischen Industrie, VCI)

研究業績

カルボン酸の直接的な C–H 官能基化[1]

カルボン酸を保護することなく直接使用することは困難である場合が多い。van Gemmeren は、カルボン酸のβ-C(sp3)-Hアリール化やアシルオキシ化、重水素化などの開発に成功している。

配向基を利用しない芳香族化合物の直接的な C–H 官能基化[2]

ピリジンとN-アシルアミノ酸、パラジウムを組み合わせた触媒によって配向基を利用せずに芳香族化合物のオレフィン化やシアノ化、重水素化などを開発した。

 

名言集

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] (a) Ghosh, K. K.; van Gemmeren, M. Chem. Eur. J. 2017, 23. 17697-17770. DOI: 10.1002/chem.201705449 (b) Ghosh, K. K.; Uttry, A.; Koldemir, A.; Ong, M.; van Gemmeren, M. Org. Lett. 2019, 21, 7154-7157. DOI: 10.1021/acs.orglett.9b02741 (c) Uttry, A.; Mal, S.; van Gemmeren, M. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 10895-10901. DOI: 10.1021/jacs.1c06474

[2] (a) Wedi, P.;  van Gemmeren, M. Angew. Chem. Int. Ed. 2018, 57, 13016-13027. DOI: 10.1002/anie.201804727 (b) Chen, H.; Wedi, P.; Meyer, T. Tavakoli, G.; van Gemmeren, M. Angew. Chem. Int. Ed. 2018, 57, 2497-2501.  DOI: 10.1002/anie.201712235 (c) Chen, H.; Mondal, A.; Wedi, P.; van Gemmeren, M. ACS Catal. 2019, 9, 1979–1984. DOI: 10.1021/acscatal.8b04639 (d) Wedi, P.;  Farizyan, M.; Bergander, K.; Mück-Lichtenfeld, C.; van Gemmeren M. Angew. Chem. Int. Ed. 202160, 15641-15649. DOI: 10.1002/anie.202105092 (e) Farizyan, M.; Mondal, A.; Mal, S.; Deufel, F.; van Gemmeren M. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 16370–16376. DOI: 10.1021/jacs.1c08233

関連書籍

関連リンク

Naka Research Group

投稿者の記事一覧

研究グループで話題となった内容を紹介します

関連記事

  1. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb …
  2. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  3. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  4. 辻村 みちよ
  5. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  6. 伊藤 幸裕 Yukihiro Itoh
  7. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  8. 中村 正治 Masaharu Nakamura

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  2. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropanation with Metal Carbenoid
  3. Nature Chemistryデビュー間近!
  4. ゲオスミン(geosmin)
  5. アラン・マクダイアミッド氏死去
  6. パーソナライズド・エナジー構想
  7. 書物から学ぶ有機化学 2
  8. 大村 智 Satoshi Omura
  9. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  10. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

第59回「希土類科学の楽しさを広めたい」長谷川靖哉 教授

第59回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

アカデミアケミストがパパ育休を取得しました!

こんにちは、こんばんは、おはようございます、Macyこと九大院薬 助教の寄立麻琴です。タイトルに…

巧みに骨格構築!Daphgracilineの全合成

ユズリハアルカロイドであるdaphgracilineの全合成が初めて達成された。Type II 分子…

【四国化成ホールディングス】新卒採用情報(2024卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

部分酸化状態を有する純有機中性分子結晶の開発に初めて成功

第464回のスポットライトリサーチは、熊本大学 大学院自然科学教育部 理学専攻 化学コース 上田研究…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける高次元ベイズ最適化の活用-パラメーター数が多い条件最適化テーマに対応したmiHub新機能もご紹介-

開催日:2023/2/1  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP