[スポンサーリンク]


C-H酸化

  1. メタンガスと空気からメタノールを合成する

    第136回目のスポットライトリサーチは、大阪大学高等共創研究院・先導的学際研究機構の大久保 敬教授にお願いしました。(実験を担当された廣瀬さんはご都合つきませんでしたので、番外編として大久保先生にお願いしました。)大久保先生の研究室…

  2. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White

    M・クリスティーナ・ホワイト (M. Christina White、19xx年xx月xx日(ギリシ…

  3. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)

    概要超強力な酸化剤として働く。通常の酸化条件では達成不可能なベンゼン環やオレフィンの酸化的開裂が…

  4. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成

    "1,3-Diol Synthesis via Controlled, Radical-Medi…

  5. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応

    " A Predictably Selective Aliphatic C-H Oxidation …

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第44回ケムステVシンポ「未来を切り拓く半導体材料科学の最前線」を開催します!
  2. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  3. 第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授
  4. MEDCHEM NEWS 31-2号「2020年度医薬化学部会賞」
  5. 学術変革領域(B)「糖化学ノックイン」発足!
  6. ルイスペア形成を利用した電気化学発光の増強
  7. クリス・クミンス Christopher C. Cummins

注目情報

最新記事

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

PAGE TOP