[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クリスティーナ・ホワイト M. Christina White

M・クリスティーナ・ホワイト (M. Christina White、19xx年xx月xx日(ギリシア・アテネ)-)は、アメリカの有機化学者である。米イリノイ大学助教授(写真:White Lab)。

経歴

19xx Smith College 卒業
19xx ジョン・ホプキンス大学 修士号取得 (Christian Anfinsen 教授)
19xx ジョン・ホプキンス大学 博士号取得 (Gary Posner 教授)
1999 ハーバード大学 博士研究員 (Eric N. Jacobsen 教授)
2002 ハーバード大学 助教授
2005 イリノイ大学 助教授
2009 イリノイ大学准教授
2011 イリノイ大学教授

受賞歴

2002 Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
2006 NSF CAREER Award
2007 Eli Lilly Grantee Award
2008 Alfred P. Sloan Research Fellowship
2008 BMS Unrestricted “Freedom to Discover” Grant
2008 Pfizer Award for Creativity in Organic Chemistry
2008 Amgen Young Investigator Award
2008 Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals New Investigator Award
2008 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2008 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2008 Abbott Young Investigator Award
2008 Sanofi Aventis “Visions in Chemistry”
2009 Roche Excellence in Chemistry Award
2009 Cope Scholar Award
2012 Fellow of the American Association for the Advancement of Science
2013 Royal Society of Chemistry, Merck Award
2014 Fellow of the Royal Society of Chemistry
2018 三井化学触媒化学賞
2019 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry

 

研究概要

 

遷移金属触媒を用いる化学選択的C-H官能基化反応の開発


white_science.gif

名言集

 

コメント&その他

  1. 彼女のラボのホームページにあるグループメンバーの集合写真は、一見の価値がある――なぜかは見れば分かる!

 

関連動画

 

関連文献

[1] Chen, M. S.; White, M. C. Science 2007, 318, 783. DOI: 10.1126/science.1148597

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  2. マーティン・カープラス Martin Karplus
  3. マイケル・レヴィット Michael Levitt
  4. スコット・ミラー Scott J. Miller
  5. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt
  6. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsa…
  7. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  8. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  2. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  3. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  4. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  5. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  6. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  7. アメリカ大学院留学:TAの仕事
  8. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売
  9. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成
  10. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現

第195回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院(平松研究室) 半沢幸太さんに…

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP