[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クリスティーナ・ホワイト M. Christina White

[スポンサーリンク]

M・クリスティーナ・ホワイト (M. Christina White、19xx年xx月xx日(ギリシア・アテネ)-)は、アメリカの有機化学者である。米イリノイ大学助教授(写真:White Lab)。

経歴

19xx Smith College 卒業
19xx ジョン・ホプキンス大学 修士号取得 (Christian Anfinsen 教授)
19xx ジョン・ホプキンス大学 博士号取得 (Gary Posner 教授)
1999 ハーバード大学 博士研究員 (Eric N. Jacobsen 教授)
2002 ハーバード大学 助教授
2005 イリノイ大学 助教授
2009 イリノイ大学准教授
2011 イリノイ大学教授

受賞歴

2002 Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
2006 NSF CAREER Award
2007 Eli Lilly Grantee Award
2008 Alfred P. Sloan Research Fellowship
2008 BMS Unrestricted “Freedom to Discover” Grant
2008 Pfizer Award for Creativity in Organic Chemistry
2008 Amgen Young Investigator Award
2008 Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals New Investigator Award
2008 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2008 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2008 Abbott Young Investigator Award
2008 Sanofi Aventis “Visions in Chemistry”
2009 Roche Excellence in Chemistry Award
2009 Cope Scholar Award
2012 Fellow of the American Association for the Advancement of Science
2013 Royal Society of Chemistry, Merck Award
2014 Fellow of the Royal Society of Chemistry
2018 三井化学触媒化学賞
2019 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry

 

研究概要

 

遷移金属触媒を用いる化学選択的C-H官能基化反応の開発


white_science.gif

名言集

 

コメント&その他

  1. 彼女のラボのホームページにあるグループメンバーの集合写真は、一見の価値がある――なぜかは見れば分かる!

 

関連動画

 

関連文献

[1] Chen, M. S.; White, M. C. Science 2007, 318, 783. DOI: 10.1126/science.1148597

 

関連書籍

 

外部リンク

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  2. 辻村 みちよ
  3. アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧
  4. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  5. 入江 正浩 Masahiro Irie
  6. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush
  7. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  8. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 個性あふれるTOC大集合!
  2. 第115回―「分子機械と天然物の化学合成」Ross Kelly教授
  3. 香月 勗 Tsutomu Katsuki
  4. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  5. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士
  6. “匂いのゴジラ”の無効化
  7. 内部アルケン、ついに不斉ヒドロアミノ化に屈する
  8. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  9. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ
  10. NMR化学シフト予測機能も!化学徒の便利モバイルアプリ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP