[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クリスティーナ・ホワイト M. Christina White

[スポンサーリンク]

M・クリスティーナ・ホワイト (M. Christina White、19xx年xx月xx日(ギリシア・アテネ)-)は、アメリカの有機化学者である。米イリノイ大学助教授(写真:White Lab)。

経歴

19xx Smith College 卒業
19xx ジョン・ホプキンス大学 修士号取得 (Christian Anfinsen 教授)
19xx ジョン・ホプキンス大学 博士号取得 (Gary Posner 教授)
1999 ハーバード大学 博士研究員 (Eric N. Jacobsen 教授)
2002 ハーバード大学 助教授
2005 イリノイ大学 助教授
2009 イリノイ大学准教授
2011 イリノイ大学教授

受賞歴

2002 Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
2006 NSF CAREER Award
2007 Eli Lilly Grantee Award
2008 Alfred P. Sloan Research Fellowship
2008 BMS Unrestricted “Freedom to Discover” Grant
2008 Pfizer Award for Creativity in Organic Chemistry
2008 Amgen Young Investigator Award
2008 Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals New Investigator Award
2008 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2008 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2008 Abbott Young Investigator Award
2008 Sanofi Aventis “Visions in Chemistry”
2009 Roche Excellence in Chemistry Award
2009 Cope Scholar Award
2012 Fellow of the American Association for the Advancement of Science
2013 Royal Society of Chemistry, Merck Award
2014 Fellow of the Royal Society of Chemistry
2018 三井化学触媒化学賞
2019 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry

 

研究概要

 

遷移金属触媒を用いる化学選択的C-H官能基化反応の開発


white_science.gif

名言集

 

コメント&その他

  1. 彼女のラボのホームページにあるグループメンバーの集合写真は、一見の価値がある――なぜかは見れば分かる!

 

関連動画

 

関連文献

[1] Chen, M. S.; White, M. C. Science 2007, 318, 783. DOI: 10.1126/science.1148597

 

関連書籍

 

外部リンク

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マリウス・クロア G. Marius Clore
  2. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  3. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  4. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  5. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi
  6. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  7. 村橋 俊一 Shunichi Murahashi
  8. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  2. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  3. 産業界のニーズをいかにして感じとるか
  4. 細胞の中を旅する小分子|第二回
  5. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  6. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム
  7. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱
  8. 究極のエネルギーキャリアきたる?!
  9. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から
  10. 『分子標的』に期待

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP