[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クリスティーナ・ホワイト M. Christina White

[スポンサーリンク]

M・クリスティーナ・ホワイト (M. Christina White、19xx年xx月xx日(ギリシア・アテネ)-)は、アメリカの有機化学者である。米イリノイ大学助教授(写真:White Lab)。

経歴

19xx Smith College 卒業
19xx ジョン・ホプキンス大学 修士号取得 (Christian Anfinsen 教授)
19xx ジョン・ホプキンス大学 博士号取得 (Gary Posner 教授)
1999 ハーバード大学 博士研究員 (Eric N. Jacobsen 教授)
2002 ハーバード大学 助教授
2005 イリノイ大学 助教授
2009 イリノイ大学准教授
2011 イリノイ大学教授

受賞歴

2002 Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
2006 NSF CAREER Award
2007 Eli Lilly Grantee Award
2008 Alfred P. Sloan Research Fellowship
2008 BMS Unrestricted “Freedom to Discover” Grant
2008 Pfizer Award for Creativity in Organic Chemistry
2008 Amgen Young Investigator Award
2008 Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals New Investigator Award
2008 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2008 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2008 Abbott Young Investigator Award
2008 Sanofi Aventis “Visions in Chemistry”
2009 Roche Excellence in Chemistry Award
2009 Cope Scholar Award
2012 Fellow of the American Association for the Advancement of Science
2013 Royal Society of Chemistry, Merck Award
2014 Fellow of the Royal Society of Chemistry
2018 三井化学触媒化学賞
2019 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry

 

研究概要

 

遷移金属触媒を用いる化学選択的C-H官能基化反応の開発


white_science.gif

名言集

 

コメント&その他

  1. 彼女のラボのホームページにあるグループメンバーの集合写真は、一見の価値がある――なぜかは見れば分かる!

 

関連動画

 

関連文献

[1] Chen, M. S.; White, M. C. Science 2007, 318, 783. DOI: 10.1126/science.1148597

 

関連書籍

 

外部リンク

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies
  2. 吉野 彰 Akira Yoshino
  3. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto
  4. マックス・プランク Max Planck
  5. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  6. フランク・グローリアス Frank Glorius
  7. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  8. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 触媒討論会に行ってきました
  2. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結
  3. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  4. 文献管理ソフトを徹底比較!
  5. MUKAIYAMA AWARD講演会
  6. Reaxys Prize 2013ファイナリスト45名発表!
  7. サン・タン San H. Thang
  8. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす
  9. MFCA -環境調和の指標、負のコストの見える化-
  10. 平成をケムステニュースで振り返る

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP