[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)

概要

超強力な酸化剤。通常の酸化剤では実現不可能なベンゼン環やオレフィンの酸化開裂が穏和な条件で行える。このためオゾン酸化の代替法として考えることもできる。
しかしながら酸化に弱い官能基はまず耐えず、強力さゆえの副反応もしばしば起こりうる。基質を選ぶことも少なくなく、使用時をよく吟味する必要がある。

ルテニウムは高価であるため、触媒量の前駆体と安価な再酸化剤を用いてRu(VIII)を系中発生させるのが定法である。溶媒は試薬と反応しない四塩化炭素が通常用いられる。エーテル溶媒などとは激しく反応するため用いることが出来ない。
基質や生成物が配位し、触媒が失活する。配位性共溶媒としてアセトニトリルを加えるとこれが防げる。以上の理由から、RuCl3(cat.)-NaIO4/CH3CN-CCl4-H2O
の二層系条件が最も多用される。

上記のスキームのように、電子不足な芳香環は通常反応しない。

基本文献

・実験化学講座第4版 「酸化反応」 3・2

 

反応機構

有機溶媒に可溶なRuO4が酸化によって消費され、水に可溶なRuO2になって水層に移動する。ここで再酸化剤によって酸化を受け、RuO4が再生する。こうして触媒的に反応が進行する。
ruo4_3.gif

反応例

例) オレフィンのcis-ジヒドロキシル化[1]
毒性の強いOsを用いずに反応が行える。酸性条件が重要。 非常に短時間で完結する。
ruo4_4.gif
例) MOMBnエーテルの脱保護
これらの保護基は丈夫であり、比較的強めの酸性条件を用いなければ外れない。全合成の最終段階などでは、この丈夫さが逆にしばしば問題となってくる。
これらは四酸化ルテニウムを用いてメチルカーボネート、ベンゾイルエステルに変換できる。塩基性の比較的温和な条件を用いることができ、選択的脱保護も可能となる。
ruo4_5.gif

実験手順

ベンゼン環の開裂[2] ruo4_6.gif
※二酸化炭素が発生するため、密閉系にはしないこと。
※温度制御(25-40℃で行う)が肝心。
※ルテニウム残渣はショートパッドシリカゲルカラムで簡便に除ける。

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] (a) Plietker,B.; Niggemann, M.; Org. Lett. 20035, 3353. DOI: 10.1021/ol035335a (b) Plietker,B.; Niggemann, M.; Pollrich, A. Org. Biomol. Chem. 2004, 2, 1116. DOI: 10.1039/b316546a

[2] Teresa Nunez, M.; Martin, V. S. J. Org. Chem. 199055, 1928. DOI: 10.1021/jo00293a044

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  2. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
  3. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis…
  4. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidat…
  5. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  6. アジフェーズ法 AJIPHASE Method
  7. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Steve…
  8. ネフ反応 Nef Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  2. デンドリマー / dendrimer
  3. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  4. 小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤
  5. サラ・オコナー Sarah E. O’Connor
  6. 化学に魅せられて
  7. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業を買収
  8. ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成
  9. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授
  10. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP