[スポンサーリンク]


Gタンパク質共役型受容体

  1. 目が見えるようになる薬

    たった60原子の化合物を投与するだけで、目が見えるようになるかもしれない。アゾ化合物のシストランス光異性化を利用したその輝かしいからくりをここに紹介します。

  2. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」

    今年のノーベル化学賞はGタンパク質共役型受容体(GPCR)。モノとりはそもそも、ケミカルバイオロジーの花形、アフィニティークロマトグラフィーによるものでした。

  3. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

    ブライアン・コビルカは、Gタンパク質共役型受容体のアミノ酸配列および遺伝子の塩基配列の決定、ならびにエックス線結晶構造解析による立体構造の解明によって、2012年にロバート・レフコウィッツとともにノーベル化学賞を受けました。

  4. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz

    ロバート・レコフウィッツはアメリカの生理化学者であり、Gタンパク質共役型受容体タンパク質についての先駆的な研究によって、2012年にブライアン・コビルカとともにノーベル化学賞を受けました。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  2. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-
  3. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction
  4. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis
  5. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  6. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省
  7. フルエッギン Flueggine

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

PAGE TOP