[スポンサーリンク]


2009年 1月 07日

  1. 池田 富樹 Tomiki Ikeda

    池田 富樹(いけだ とみき、19xx年xx月xx日-)は、日本の高分子化学者、材料化学者である(写真:池田研究室)。中央大学研究開発機構教授。 (さらに…)…

  2. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley

    リチャード・アーレット・スモーリー(Richard Errett Smalley、1943年6月6日…

  3. マリウス・クロア G. Marius Clore

    G・マリウス・クロア (G. Marius Clore、1955年6月6日-)は、アメリカの分析化学…

  4. アンソニー・スペック Anthony L. Spek

    アンソニー・L・スペック (Anthonyl L. Spek、19xx年xx月xx日-)は、オランダ…

  5. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue

    井上佳久(いのうえ よしひさ、1949年12月27日-)は、日本の有機化学者である(写真:JST)。…

  6. チャド・マーキン Chad A. Mirkin

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2018年9月号:キラルバナジウム触媒・ナフタレン多量体・バイオインスパイアード物質変換・エラジタンニン・モルヒナン骨格・ドナー・アクセプター置換シクロプロパン・フッ素化多環式芳香族炭化水素
  2. ハワイ州で日焼け止め成分に規制
  3. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用
  4. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  5. サレン-Mn錯体
  6. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  7. 理化学研究所上級研究員(創発デバイス研究チーム)募集

注目情報

最新記事

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

PAGE TOP