[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

池田 富樹 Tomiki Ikeda

池田 富樹(いけだ とみき、19xx年xx月xx日-)は、日本の高分子化学者、材料化学者である(写真:池田研究室)。中央大学研究開発機構教授。

経歴

1973 京都大学工学部 高分子化学科 卒業
1978 京都大学大学院工学研究科 高分子化学専攻博士課程修了
1978 英国リバプール大学博士研究員
19xx 東京工業大学 資源化学研究所 教務職員
19xx 東京工業大学 資源化学研究所 助手
19xx 東京工業大学 資源化学研究所 助教授
1994 東京工業大学 資源化学研究所 教授
2009 東京工業大学資源化学研究所 所長
2011 中央大学研究開発機構教授

 

受賞歴

1993 日本液晶学会賞
2003 高分子学会賞
2009 日本化学会賞

 

研究

光応答性ポリマーを用いるアクチュエータの開発

アゾベンゼンを規則正しく配列させて組み込んだ、光応答性ポリマーを開発。光を当てることでマクロスコピックな構造変化を引き起こす事が可能。

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] Yu, Y.; Nakano, M.; Ikeda, T. Nature 2003, 425, 145.

  • Ikeda, T.; Tsutsumi, O, Science, 1995, 268, 1873.

 

関連書籍

 

関連リンク

  • 池田研究室 中央大学研究開発機構 —高分子・液晶・光—
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ウェルチ化学賞・受賞者一覧
  2. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  3. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  4. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  5. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  6. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  7. 福山透 Tohru Fukuyama
  8. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~
  2. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII
  3. 自動車排ガス浄化触媒って何?
  4. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  5. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  6. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧
  7. カーボン系固体酸触媒
  8. ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任
  9. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル
  10. ノーベル賞・田中さん愛大で講義

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP