[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

池田 富樹 Tomiki Ikeda

[スポンサーリンク]

池田 富樹(いけだ とみき、19xx年xx月xx日-)は、日本の高分子化学者、材料化学者である(写真:池田研究室)。中央大学研究開発機構教授。

経歴

1973 京都大学工学部 高分子化学科 卒業
1978 京都大学大学院工学研究科 高分子化学専攻博士課程修了
1978 英国リバプール大学博士研究員
19xx 東京工業大学 資源化学研究所 教務職員
19xx 東京工業大学 資源化学研究所 助手
19xx 東京工業大学 資源化学研究所 助教授
1994 東京工業大学 資源化学研究所 教授
2009 東京工業大学資源化学研究所 所長
2011 中央大学研究開発機構教授

 

受賞歴

1993 日本液晶学会賞
2003 高分子学会賞
2009 日本化学会賞

 

研究

光応答性ポリマーを用いるアクチュエータの開発

アゾベンゼンを規則正しく配列させて組み込んだ、光応答性ポリマーを開発。光を当てることでマクロスコピックな構造変化を引き起こす事が可能。

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] Yu, Y.; Nakano, M.; Ikeda, T. Nature 2003, 425, 145.

  • Ikeda, T.; Tsutsumi, O, Science, 1995, 268, 1873.

関連動画

 

 

関連書籍

 

関連リンク

  • 池田研究室 中央大学研究開発機構 —高分子・液晶・光—
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  2. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  3. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  4. 遠藤守信 Morinobu Endo
  5. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjas…
  6. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  7. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda
  8. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupling
  2. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究
  3. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応
  4. アジサイから薬ができる
  5. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter Olefin Synthesis
  6. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda
  7. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売
  8. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  9. 化学クラスタ発・地震被害報告まとめ
  10. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP