[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マリウス・クロア G. Marius Clore

[スポンサーリンク]

G・マリウス・クロア (G. Marius Clore、1955年6月6日-)は、アメリカの分析化学者である(写真:Marius Clore Group)。NIH主任研究員。

経歴

1976 ロンドン大学 学士号取得
1979 ロンドン医科大学 修士号取得
1982 英国立医学研究所 博士号取得
1984 Head of the Biological NMR Group, Max-Planck Institute for Biochemistry, Martinsried, Munich, Germany
1988 Senior Investigator (Federal grade equivalent to Full Professor), Laboratory of Chemical Physics, NIDDK, NIH, Bethesda.

 

受賞歴

2012: Biochemical Society 2013 Centenary Award (previously known as the Jubilee Medal) and Sir Frederick Gowland Hopkins Memorial Lecture (U.K.) (link to Biochemical Society web page)
2011: Royal Society of Chemistry Centenary Prize (link to RSC web page)
2010: Hillebrand Award of the Washington Chemical Society
2010: Elected Fellow of the American Academy of Arts and Science
2009: NIDDK Nancy Nossal Scientific Mentorship Award
2009: Ranked in top 20 in h-index ranking of living chemists (RSC Chemistry World)
2001: Original member, Institute for Scientific Information (ISI) Highly Cited Researchers Database (in Biology & Biochemistry and Chemistry sections).
1996: The Harrington Lecture, National Institute for Medical Research (U.K.)
1993: Dupont-Merck Young Investigator Award of the Protein Society
1992: National Institutes of Health Director’s Award
1990: Distinguished Young Scientist Award of the Maryland Academy of Sciences
1989: Scientific Achievement Award (Biological Sciences) of the Washington Academy of Sciences
1977: Francis Walsche Neurology Prize, University College Hospital Medical School, London

 

研究

多次元NMRを用いるタンパク質間の動的挙動および相互作用の解明

 

コメント&その他

  1. トムソンISI社2007年度の調査によれば、化学領域での論文引用数は世界第12位となっています。
  2. ハーシュ指数は97(2017年現在は123)。
  3. 全引用数は57500回以上

関連文献

  1. Brünger, A. T.; Adams, P. D.; Clore, G. M.; DeLano, W. L.; Gros, P.; Grosse-Kunstleve, R. W.; Jiang, J. S.; Kuszewski, J.; Nilges, M.; Pannu, N. S.; Read, R. J.; Rice, L. M.; Simonson, T.; Warren, G. L. Acta Crystallogr D Biol Crystallogr 1998, 54, 905. DOI: 10.1107/S0907444998003254  15000回以上引用されている

関連書籍

 

関連動画

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  2. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  3. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  4. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  5. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  6. 橘 熊野 Yuya Tachibana
  7. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterj…
  8. ジャスティン・デュボア Justin du Bois

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中村 正治 Masaharu Nakamura
  2. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  3. 「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと
  4. エコエネルギー 家庭で競争
  5. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit
  6. カリオフィレン /caryophyllene
  7. 世界最高の耐久性を示すプロパン脱水素触媒
  8. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  9. 反応の選択性を制御する新手法
  10. ヒト胚研究、ついに未知領域へ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP