[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マリウス・クロア G. Marius Clore

G・マリウス・クロア (G. Marius Clore、1955年6月6日-)は、アメリカの分析化学者である(写真:Marius Clore Group)。NIH主任研究員。

経歴

1976 ロンドン大学 学士号取得
1979 ロンドン医科大学 修士号取得
1982 英国立医学研究所 博士号取得
1984 Head of the Biological NMR Group, Max-Planck Institute for Biochemistry, Martinsried, Munich, Germany
1988 Senior Investigator (Federal grade equivalent to Full Professor), Laboratory of Chemical Physics, NIDDK, NIH, Bethesda.

 

受賞歴

2012: Biochemical Society 2013 Centenary Award (previously known as the Jubilee Medal) and Sir Frederick Gowland Hopkins Memorial Lecture (U.K.) (link to Biochemical Society web page)
2011: Royal Society of Chemistry Centenary Prize (link to RSC web page)
2010: Hillebrand Award of the Washington Chemical Society
2010: Elected Fellow of the American Academy of Arts and Science
2009: NIDDK Nancy Nossal Scientific Mentorship Award
2009: Ranked in top 20 in h-index ranking of living chemists (RSC Chemistry World)
2001: Original member, Institute for Scientific Information (ISI) Highly Cited Researchers Database (in Biology & Biochemistry and Chemistry sections).
1996: The Harrington Lecture, National Institute for Medical Research (U.K.)
1993: Dupont-Merck Young Investigator Award of the Protein Society
1992: National Institutes of Health Director’s Award
1990: Distinguished Young Scientist Award of the Maryland Academy of Sciences
1989: Scientific Achievement Award (Biological Sciences) of the Washington Academy of Sciences
1977: Francis Walsche Neurology Prize, University College Hospital Medical School, London

 

研究

多次元NMRを用いるタンパク質間の動的挙動および相互作用の解明

 

コメント&その他

  1. トムソンISI社2007年度の調査によれば、化学領域での論文引用数は世界第12位となっています。
  2. ハーシュ指数は97(2017年現在は123)。
  3. 全引用数は57500回以上

関連文献

  1. Brünger, A. T.; Adams, P. D.; Clore, G. M.; DeLano, W. L.; Gros, P.; Grosse-Kunstleve, R. W.; Jiang, J. S.; Kuszewski, J.; Nilges, M.; Pannu, N. S.; Read, R. J.; Rice, L. M.; Simonson, T.; Warren, G. L. Acta Crystallogr D Biol Crystallogr 1998, 54, 905. DOI: 10.1107/S0907444998003254  15000回以上引用されている

関連書籍

 

関連動画

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  2. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  3. マックス・プランク Max Planck
  4. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  5. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  6. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  7. 文化勲章・受章化学者一覧
  8. ジョージ・クラフォード M. George Craford

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成
  2. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
  3. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  4. 1と2の中間のハナシ
  5. 2009年7月人気化学書籍ランキング
  6. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  7. 2010年イグノーベル賞決定!
  8. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大
  9. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授
  10. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリデン]ジメチルアンモニウムテトラフルオロボラート:[(Oxido)phenyl(trifluoromethyl)-lambda4-sulfanylidene]dimethylammonium Tetrafluoroborate

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP