[スポンサーリンク]

ナノ化学

チャド・マーキン Chad A. Mirkin

[スポンサーリンク]

チャド・A・マーキン (Chad A. Mirkin、1963年11月23日-)は、アメリカの化学者である(写真:Speakerpedia)。米国ノースウェスタン大学教授。

経歴

1986 ディッキンソン大学 学士号取得
1989 ペンシルバニア大学 博士号取得
1989 マサチューセッツ工科大学 博士研究員
1991 ノースウェスタン大学 助教授
1995 ノースウェスタン大学 准教授
1997 ノースウェスタン大学 教授

 

受賞歴

1999 ACS Award in Pure Chemistry
2001 Leo Hendrik Baekeland Award
2002 Feynman Prize
2003 Collegiate Inventors Award, National Inventors Hall of Fame
2003 Raymond and Beverly Sackler Prize
2004 NIH Director’s Pioneer Award
2004 Collegiate Inventors Award, National Inventors Hall of Fame
2004 Pennsylvania State University Outstanding Science Alumni Award
2004 Dickinson College Honorary Degree
2004 ACS Nobel Laureate Signature Award
2007 Elected Alumni Fellow, Penn State University
2009 Lemelson-MIT Prize
2012 American Chemical Society Award for Creative Invention
2013 Linus Pauling Award
2014 Vittorio De Nora Award, Electrochemical Society
2015 Raymond and Beverly Sackler Prize in Convergence Research of the National Academy of Sciences
2016 American Institute of Chemists Gold Medal
2016 – Dan David Prize
2016 – Rusnano Prize
2017 – Dickson Prize, Carnegie Mellon University
2017 – William H. Nichols Medal Award

研究

  • 自己組織化法を基盤とするナノ構造体および機能性材料の創製

 

  • ディップペンナノリソグラフィーの開発

微細パターン形成プロセス技術の一つ。原子間力顕微鏡 (AFM) のプローブをペンのように用いて、様々な分子をインクとして使用し、安定したナノスケールのパターンをサンプル基板上に描画する事ができる技術。

コメント&その他

  • トムソンISI社2007年度の調査によれば、化学分野における論文引用数世界第7位となっています。
  • 680以上の論文と1000以上の特許を有している
  • 5つのナノテクノロジー関係の企業(Nanosphere, NanoInk, AuraSense, Exicure, TERA-print)の創始者である。

関連動画

関連文献

  • “Dip-pen”nanolithography Piner, R. D.; Zhu, J.; Xu, F.; Hong , S.; MirkinCA.: Science1999, 283, 661-663.
  • CA Mirkin, RL Letsinger, RC Mucic, JJ Storhoff Nature 382 (6592).
  • R Elghanian, JJ Storhoff, RC Mucic, RL Letsinger, CA Mirkin Science 277 (5329), 1078
  • RD Piner, J Zhu, F Xu, S Hong, CA Mirkin Science 283 (5402), 661

関連書籍

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 森田浩介 Kosuke Morita
  2. モーテン・メルダル Morten P. Meldal
  3. Junfeng Zhao
  4. 眞鍋 史乃 Manabe Shino
  5. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  6. マリウス・クロア G. Marius Clore
  7. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishe…
  8. ベンジャミン・リスト Benjamin List

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アノマー効果を説明できますか?
  2. 輸出貿易管理令
  3. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解金めっき編~
  4. コランニュレンの安定結合を切る
  5. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren
  6. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  7. Essential Reagents for Organic Synthesis
  8. デカすぎる置換基が不安定なリンホウ素二重結合を優しく包み込む
  9. シアノスター Cyanostar
  10. 株式会社ナード研究所ってどんな会社?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年1月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP