[スポンサーリンク]

ナノ化学

チャド・マーキン Chad A. Mirkin

[スポンサーリンク]

チャド・A・マーキン (Chad A. Mirkin、1963年11月23日-)は、アメリカの化学者である(写真:Speakerpedia)。米国ノースウェスタン大学教授。

経歴

1986 ディッキンソン大学 学士号取得
1989 ペンシルバニア大学 博士号取得
1989 マサチューセッツ工科大学 博士研究員
1991 ノースウェスタン大学 助教授
1995 ノースウェスタン大学 准教授
1997 ノースウェスタン大学 教授

 

受賞歴

1999 ACS Award in Pure Chemistry
2001 Leo Hendrik Baekeland Award
2002 Feynman Prize
2003 Collegiate Inventors Award, National Inventors Hall of Fame
2003 Raymond and Beverly Sackler Prize
2004 NIH Director’s Pioneer Award
2004 Collegiate Inventors Award, National Inventors Hall of Fame
2004 Pennsylvania State University Outstanding Science Alumni Award
2004 Dickinson College Honorary Degree
2004 ACS Nobel Laureate Signature Award
2007 Elected Alumni Fellow, Penn State University
2009 Lemelson-MIT Prize
2012 American Chemical Society Award for Creative Invention
2013 Linus Pauling Award
2014 Vittorio De Nora Award, Electrochemical Society
2015 Raymond and Beverly Sackler Prize in Convergence Research of the National Academy of Sciences
2016 American Institute of Chemists Gold Medal
2016 – Dan David Prize
2016 – Rusnano Prize
2017 – Dickson Prize, Carnegie Mellon University
2017 – William H. Nichols Medal Award

研究

  • 自己組織化法を基盤とするナノ構造体および機能性材料の創製

 

  • ディップペンナノリソグラフィーの開発

微細パターン形成プロセス技術の一つ。原子間力顕微鏡 (AFM) のプローブをペンのように用いて、様々な分子をインクとして使用し、安定したナノスケールのパターンをサンプル基板上に描画する事ができる技術。

コメント&その他

  • トムソンISI社2007年度の調査によれば、化学分野における論文引用数世界第7位となっています。
  • 680以上の論文と1000以上の特許を有している
  • 5つのナノテクノロジー関係の企業(Nanosphere, NanoInk, AuraSense, Exicure, TERA-print)の創始者である。

関連動画

関連文献

  • “Dip-pen”nanolithography Piner, R. D.; Zhu, J.; Xu, F.; Hong , S.; MirkinCA.: Science1999, 283, 661-663.
  • CA Mirkin, RL Letsinger, RC Mucic, JJ Storhoff Nature 382 (6592).
  • R Elghanian, JJ Storhoff, RC Mucic, RL Letsinger, CA Mirkin Science 277 (5329), 1078
  • RD Piner, J Zhu, F Xu, S Hong, CA Mirkin Science 283 (5402), 661

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  2. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  3. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  4. 野依 良治 Ryoji Noyori
  5. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  6. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  7. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  8. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction
  2. 典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化
  3. 実験する時の服装(企業研究所)
  4. 道修町ミュージアムストリート
  5. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  6. 穴の空いた液体
  7. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)
  8. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?
  9. 2007年度イグノーベル賞決定
  10. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

本記事では、原子軌道や分子軌道に電子が安定に存在するときの波動関数を調べるための方程式である、「時間…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP