[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

井上 佳久 Yoshihisa Inoue

井上佳久(いのうえ よしひさ、1949年12月x日-)は、日本の有機化学者である(写真:JST)。大阪大学名誉教授。

 

経歴

1972 大阪大学 工学部 応用化学科 卒業??
1974 大阪大学 工学研究科 石油化学専攻 修士号取得
1977 大阪大学 工学研究科 石油化学専攻 博士号取得
1977 姫路工業大学工学部応用化学科助手
1985 姫路工業大学工学基礎研究所助教授
1990 姫路工業大学理学部物質科学科助教授
1994 大阪大学工学部プロセス工学専攻教授
1995 大阪大学工学部分子化学専攻教授
2015 大阪大学名誉教授

 

受賞歴

1983 日本化学会進歩賞
1998 光化学協会賞
2003 Molecular Chirality Award
2011 Humboldt Research Award

 

研究

真空紫外領域における有機光化学という新しい分野を開拓。
不斉光化学の分野で、光学収率を100%近くまで向上させることに成功。
その過程で、生成物のキラリティーが反応温度によって反転する現象を初めて発見し、さらに、その発現機構を解明。
光反応、熱的反応や分子認識現象全般にわたってエントロピ-が極めて重要な役割を果たしていることを解明。

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

外部リンク

  • 井上研究室
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  2. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich
  3. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr…
  4. 名古屋メダル―受賞者一覧
  5. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  6. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  7. キース・ファニュー Keith Fagnou
  8. テオ・グレイ Theodore Gray

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  2. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  3. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ
  4. 春田 正毅 Masatake Haruta
  5. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  6. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授
  7. ストーク エナミン Stork Enamine
  8. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  9. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate
  10. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribbon

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP