[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

井上 佳久 Yoshihisa Inoue

井上佳久(いのうえ よしひさ、1949年12月x日-)は、日本の有機化学者である(写真:JST)。大阪大学名誉教授。

 

経歴

1972 大阪大学 工学部 応用化学科 卒業??
1974 大阪大学 工学研究科 石油化学専攻 修士号取得
1977 大阪大学 工学研究科 石油化学専攻 博士号取得
1977 姫路工業大学工学部応用化学科助手
1985 姫路工業大学工学基礎研究所助教授
1990 姫路工業大学理学部物質科学科助教授
1994 大阪大学工学部プロセス工学専攻教授
1995 大阪大学工学部分子化学専攻教授
2015 大阪大学名誉教授

 

受賞歴

1983 日本化学会進歩賞
1998 光化学協会賞
2003 Molecular Chirality Award
2011 Humboldt Research Award

 

研究

真空紫外領域における有機光化学という新しい分野を開拓。
不斉光化学の分野で、光学収率を100%近くまで向上させることに成功。
その過程で、生成物のキラリティーが反応温度によって反転する現象を初めて発見し、さらに、その発現機構を解明。
光反応、熱的反応や分子認識現象全般にわたってエントロピ-が極めて重要な役割を果たしていることを解明。

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

外部リンク

  • 井上研究室
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsa…
  2. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  3. マーティン・カープラス Martin Karplus
  4. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  5. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  6. ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas
  7. ザック・ボール Zachary T. Ball
  8. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  2. 2013年(第29回)日本国際賞 受賞記念講演会
  3. さあ分子模型を取り出して
  4. アミロイド線維を触媒に応用する
  5. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明
  6. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授
  7. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cyclization
  8. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  9. 化学オリンピック完全ガイド
  10. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP