[スポンサーリンク]


2009年 8月 01日

  1. 野崎 一 Hitoshi Nozaki

    野崎 一(のざき ひとし、1922年xx月xx日-2019年9月25日)は、日本の有機化学者である。京都大学名誉教授(写真:日本学士院)。 (さらに…)…

  2. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

    ジョン・M・Jフレシェ (Jean M. J. Fréchet、1944年8月19日-)は、アメリカ…

  3. アルバート・コットン Frank Albert Cotton

    フランク・アルバート・コットン(Frank Albert Cotton、1930年4月9日-20…

  4. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

    ベン・L・フェリンガ (Benard L. Feringa、1951年5月18日-)は、オランダ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. EDTA:分子か,双性イオンか
  2. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表
  3. レッドブルから微量のコカインが検出される
  4. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  5. 新世代鎮痛剤の販売継続を 米政府諮問委が勧告
  6. 野依 良治 Ryoji Noyori
  7. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成

注目情報

最新記事

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

PAGE TOP