[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

野崎 一 Hitoshi Nozaki

野崎 一(のざき ひとし、1922年xx月xx日-)は、日本の有機化学者である。京都大学名誉教授(写真:日本学士院)。

経歴

1943 京都帝国大学工学部化学科 卒業
19xx 京都大学工学部講師
19xx 京都大学工学部 助教授
1963 京都大学工学部 教授
1985 京都大学名誉教授、岡山理科大学教授
1985-86 有機合成化学協会会長
1993 岡山理科大特任教授
1996 退職

 

受賞歴

1979 日本化学会賞
1986 日本学士院賞
1986 紫綬褒章
1992 勲二等瑞宝章
1993 有機合成化学特別賞

 

研究概要

彼の名を冠する人名反応・野崎-檜山-岸反応は、極めて穏和な条件にて進行する炭素-炭素結合形成反応である。パリトキシンやハリコンドリンBといった複雑天然物合成の鍵段階に多用された。

kncoup2.gif野崎-檜山-岸反応

名言集

 

コメント&その他

  1. 世界的に活躍する、多数の門下生を輩出している。彼に師事した代表的人材としては、野依良治(理研・ノーベル化学賞受賞者)、山本尚(シカゴ大学教授)、檜山為次郎 (京大教授)、大嶌幸一郎(京大教授)、丸岡啓二(京大教授)、高井和彦(岡山大教授)など。
  2. 現在東大工学部にて教授職を勤めている野崎京子は娘であり、夫は玉尾皓平京都大学名誉教授(現理化学研究所フロンティア研究システムシステム長)

関連動画

関連文献

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  2. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  3. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien
  4. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  5. 平田義正メモリアルレクチャー賞(平田賞)
  6. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  7. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke…
  8. 岸 義人 Yoshito Kishi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  2. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  3. 個性あふれるTOC大集合!
  4. メンデレーエフスカヤ駅
  5. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks
  6. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  7. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohlau Indole Synthesis
  8. 錬金術博物館
  9. 塩化ラジウム223
  10. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP