[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

野崎 一 Hitoshi Nozaki

野崎 一(のざき ひとし、1922年xx月xx日-)は、日本の有機化学者である。京都大学名誉教授(写真:日本学士院)。

経歴

1943 京都帝国大学工学部化学科 卒業
19xx 京都大学工学部講師
19xx 京都大学工学部 助教授
1963 京都大学工学部 教授
1985 京都大学名誉教授、岡山理科大学教授
1985-86 有機合成化学協会会長
1993 岡山理科大特任教授
1996 退職

 

受賞歴

1979 日本化学会賞
1986 日本学士院賞
1986 紫綬褒章
1992 勲二等瑞宝章
1993 有機合成化学特別賞

 

研究概要

彼の名を冠する人名反応・野崎-檜山-岸反応は、極めて穏和な条件にて進行する炭素-炭素結合形成反応である。パリトキシンやハリコンドリンBといった複雑天然物合成の鍵段階に多用された。

kncoup2.gif野崎-檜山-岸反応

名言集

 

コメント&その他

  1. 世界的に活躍する、多数の門下生を輩出している。彼に師事した代表的人材としては、野依良治(理研・ノーベル化学賞受賞者)、山本尚(シカゴ大学教授)、檜山為次郎 (京大教授)、大嶌幸一郎(京大教授)、丸岡啓二(京大教授)、高井和彦(岡山大教授)など。
  2. 現在東大工学部にて教授職を勤めている野崎京子は娘であり、夫は玉尾皓平京都大学名誉教授(現理化学研究所フロンティア研究システムシステム長)

関連動画

関連文献

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  2. 遠藤章 Akira Endo
  3. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo
  4. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  5. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  6. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  7. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  8. 森田浩介 Kosuke Morita

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Christoph A. Schalley
  2. ピンポン玉で分子模型
  3. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reaction (Nitroaldol Reaction)
  4. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  5. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde
  6. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  7. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  8. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine
  9. ウォーレン有機化学
  10. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。2…

光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

2015年、華中師範大学のWen-Jing Xiao・ Liang-Qiu Luらは、アミンα位での…

蓄電池 Battery

蓄電池 (Battery) とは電池の一種です.二次電池またはバッテリーとも呼ばれ,充放電が可能な電…

アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

前回、アメリカの大学院でのティーチングアシスタント(TA)について、講義TAの様子を紹介しました(ア…

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP