[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ

acspubslogo.gif

 

 米国化学会(ACS)ジャーナル出版部のsenior vice president、Susan King氏がNature 編集者へ宛てた内部メモによると、ACSは、冊子体のジャーナルを廃止し、オンライン版のみに移行する模様だ。
研究者の好みにより冊子体購読数が激減し、経費(印刷費、流通費)>収益という収益構造となったのが主因。
7月には、旗艦3誌(Journal of the American Chemical Society、Accounts of Chemical Research、Chemical
Reviews)以外のジャーナルは縮刷版(1ページに2ページ分印刷)にしてコスト削減し、2010年には全ての冊子体を廃止する予定 (なお、7月6日付Ars Technicaには、2010年よりオンライン化されるのは上記3誌以外とある)。
内部メモが漏れた形となったが、King氏は、口を噤んでいる。(引用:情報管理WEB)

 

アメリカ化学会(ACS)出版部がジャーナルを全て電子化する計画にある、というニュースが飛び込んできました。

これは今後の大きな潮流を示唆するニュースといえるのではないでしょうか。すなわち、主たる科学技術情報は、今後数年でほとんど全てが電子媒体経由になってしまう、ということの兆しなのだと思えます。

 

紙媒体は保管・管理・印刷・製造・送付など、諸々のコストが掛かるために、インターネットが発達した現在では、その発行メリットが薄れてきているのも事実です。

筆者も最近は、紙媒体のジャーナルを全く読まなくなってしまいました。ラボで購読してないというのも理由の一つですが、大抵はインターネットで検索して探してしまう方が、圧倒的に速いし、かさばらなくて便利なのです。

その一方で、紙媒体のジャーナルを読むメリットというのも確かにあります。目次やGraphic Abstractなどをぱらぱらとめくると、予期せず面白そうな研究に出くわしたり、知人の名前が載ってる論文を見つける事が出来たり・・・インターネット経由よりは、何かと余分な情報を手に入れやすいように感じます。そういう意味では、研究プロセスから完全に無くしてしまうのも、ちょっと勿体ないように思えます。

Nature誌とのやりとりがリークしたとのことですが、Nature Publishing Group(NPG)側も、同じようなことを考えているだろうことは、おそらく間違いないように思えます。

この流れにあって、他の出版社はどう動くことになるのでしょうか。NPGやACSのような巨大団体が紙媒体発行を辞めるとなれば、それに倣って、それなりのインパクトファクターをもつジャーナルでも、軒並み紙媒体の出版を辞めてしまいそうに思えます。

そうなってくると、ITスキルに弱い研究者は、情報収集・選別・整理などの面で後手後手にならざるを得なくなるのでしょう。今後は英語だけでなく、ITリテラシーも、研究者としては必須の素養になってくるのだと思われます。

話は変わりますが、ジャーナルの購読料ってなんであんなに高いんでしょう。たとえば筆者がいる研究機関ではNature Chemistryを購読してません。わりと読んでみたい論文、抑えておかないと自分のテーマに支障が出そうな論文もあるようなのに、ダウンロードできない悲しい現実。かといって自分で購読しようとすると、一報(一冊ではない!)につき$32とかいうありえない金額が提示されてくる・・・。そんな額など、いちポスドクに毎度毎度払えるわけがありませんよ・・・。どなたかこのカラクリを教えてくださいまし。

 

関連リンク

化学研究ライフハック:RSSリーダーで新着論文をチェック! (有機って面白いよね!!)

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤
  2. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化
  3. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォ…
  4. 天然の日焼け止め?
  5. ピンポン玉で分子模型
  6. イタリアに医薬品販売会社を設立 エーザイ
  7. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  8. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. (-)-ナカドマリンAの全合成
  2. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  3. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  4. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  5. 黎书华 Shuhua Li
  6. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  7. ワイス反応 Weiss Reaction
  8. トップデザイン変更
  9. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  10. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effect

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP