[スポンサーリンク]


2009年 11月 22日

  1. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker

    クレイグ・J・ホーカー(Craig J. Hawker、1964年1月11日-)は、アメリカの高分子化学者である。米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(画像:UCSB)。 (さらに…)…

  2. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

    ルステム・F・イズマジロフ (Rustem F. Ismagilov、1973年6月14日-)はアメ…

  3. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

     ケンダール・N・ハウク (Kendall N. Houk、1943年xx月xx日-)は、アメリカの…

  4. プロドラッグって

    「プロドラッグ」という言葉をご存知でしょうか?生体内で何らかの変換を受けた後に、活性を発現す…

  5. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)

    原子間力顕微鏡(Atomic Force Microscopy;AFM)とは、走査型顕微鏡の一種…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されました
  2. 有機化学1000本ノック【反応機構編】
  3. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~
  4. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine
  5. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  6. 材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-
  7. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり

注目情報

最新記事

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

PAGE TOP