[スポンサーリンク]


2009年 11月 22日

  1. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker

    クレイグ・J・ホーカー(Craig J. Hawker、1964年1月11日-)は、アメリカの高分子化学者である。米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(画像:UCSB)。 (さらに…)…

  2. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

    ルステム・F・イズマジロフ (Rustem F. Ismagilov、1973年6月14日-)はアメ…

  3. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

     ケンダール・N・ハウク (Kendall N. Houk、1943年xx月xx日-)は、アメリカの…

  4. プロドラッグって

    「プロドラッグ」という言葉をご存知でしょうか?生体内で何らかの変換を受けた後に、活性を発現す…

  5. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)

    原子間力顕微鏡(Atomic Force Microscopy;AFM)とは、走査型顕微鏡の一種…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 褐色の要因となる巨大な光合成膜タンパク質複合体の立体構造の解明
  2. 出光・昭和シェル、統合を発表
  3. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護”反応
  4. アセチレン、常温で圧縮成功
  5. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  6. 第50回「非二重らせん核酸は生物種を超えて生命を制御できるか」建石寿枝准教授
  7. 第43回「はっ!」と気づいたときの喜びを味わい続けたい – 高橋 雅英 教授

注目情報

最新記事

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

PAGE TOP