[スポンサーリンク]


2009年 11月 22日

  1. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker

    クレイグ・J・ホーカー(Craig J. Hawker、1964年1月11日-)は、アメリカの高分子化学者である。米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(画像:UCSB)。 (さらに…)…

  2. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

    ルステム・F・イズマジロフ (Rustem F. Ismagilov、1973年6月14日-)はアメ…

  3. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

     ケンダール・N・ハウク (Kendall N. Houk、1943年xx月xx日-)は、アメリカの…

  4. プロドラッグって

    「プロドラッグ」という言葉をご存知でしょうか?生体内で何らかの変換を受けた後に、活性を発現す…

  5. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)

    原子間力顕微鏡(Atomic Force Microscopy;AFM)とは、走査型顕微鏡の一種…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 光触媒の活性化機構の解明研究
  2. COVID-19状況下での化学教育について Journal of Chemical Education 特集号
  3. 分子標的薬、手探り続く
  4. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  5. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  6. 世界5大化学会がChemRxivのサポーターに
  7. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

PAGE TOP