[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却

ダイセル化学工業は2日、筑波研究所(茨城県つくば市)の土地・建物をアステラス製薬に売却すると発表した。同日、両社間で売買契約を締結した。売却額は明らかにしていない。同研究所は今年9月に閉鎖し、その機能を総合研究所(兵庫県姫路市)と新井工場(新潟県妙高市)に移転する計画。(引用:化学工業日報)

キラルカラムでお世話になっているダイセル化学の筑波研究所が売却だそうです。利益も上がってますし、売り上げも順調そうなので問題はないようですが。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  2. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  3. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  4. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  5. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱…
  6. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  7. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  8. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)
  2. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  3. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  4. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  5. 2009年5月人気化学書籍ランキング
  6. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxidation
  7. アライン種の新しい発生法
  8. ボリルヘック反応の開発
  9. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大学・Kanan研より
  10. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP