[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却

ダイセル化学工業は2日、筑波研究所(茨城県つくば市)の土地・建物をアステラス製薬に売却すると発表した。同日、両社間で売買契約を締結した。売却額は明らかにしていない。同研究所は今年9月に閉鎖し、その機能を総合研究所(兵庫県姫路市)と新井工場(新潟県妙高市)に移転する計画。(引用:化学工業日報)

キラルカラムでお世話になっているダイセル化学の筑波研究所が売却だそうです。利益も上がってますし、売り上げも順調そうなので問題はないようですが。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 元素も分析する電子顕微鏡
  2. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用
  3. 住友製薬-日本化薬、新規抗がん剤で販売提携
  4. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  5. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  6. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  7. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  8. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然物化学
  2. エピジェネティクス epigenetics
  3. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!
  4. サーモサイエンティフィック「Exactive Plus」: 誰でも簡単に精密質量を!
  5. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  6. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化
  7. ボンビコール /bombykol
  8. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)
  9. 2010年イグノーベル賞決定!
  10. オキソニウムカチオンを飼いならす

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

2017年、南洋工科大学・金城 玲らは、ジアザジボリニンを触媒前駆体として用いるカルボニル化合物の触…

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP