[スポンサーリンク]


2010年 5月 23日

  1. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz

    ブライアン・M・ストルツ(Brian Mark. Stoltz、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である。米カリフォルニア工科大学教授(写真:Caltech)。 (さらに…)…

  2. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz

    ピーター・G・シュルツ(Peter G. Schultz、1956年6月23日-)は、アメリカの化学…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【7/21 23:59〆切】研究費総額100万円!「AI × ◯◯学」で未来をつくる若手研究者を募集します
  2. 【書籍】タンパク質科学 生物物理学的なアプローチ
  3. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis
  4. マクマリーを超えてゆけ!”カルボニルクロスメタセシス反応”
  5. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  6. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew Weller教授
  7. 第71回―「化学のリーディングジャーナルを編集する」Stephen Davey博士

注目情報

最新記事

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

PAGE TOP