[スポンサーリンク]


2013年 1月 23日

  1. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題

    As we welcome in 2013, will nanotechnology continue to dominate many of the scientific headlines in the coming y…

  2. ケミストリー通り

    (引用:PeriodicVideo)ここはイギリスのとある場所。その通りの名は、なんと・・・…

  3. 高峰公園

    (引用:Travel Site またたび)高峰公園(たかみねこうえん)は、富…

  4. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

    Graphene oxide has a remarkable …

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ
  2. フェン・チャン Feng Zhang
  3. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授
  4. がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却
  5. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua Finkelstein氏
  6. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  7. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tetrakis(triphenylphosphine)palladium(0)

注目情報

最新記事

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

PAGE TOP