[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題

 

As we welcome in 2013, will nanotechnology continue to dominate many of the scientific headlines in the coming year, just as it has done over the past decade? The huge activity across nanotechnology in recent years, reflected in an ever-increasing number of patents, suggests that it will.

In 2012 the US patent office published some 4000 patents under its class ‘977 – nanotechnology’. This was a record, up from 3439 the previous year, 2770 in 2010 and 1449 in 2009.

ナノテクノロジーの発展は2013年もとどまることを知らなそうである。その関連の特許も数多く出されるだろう。

2012年のナノテクノロジーカテゴリーの特許数は4000件オーバーで過去最高であり、その伸び率も目をみはるものがある。

引用:Chemistry World
http://www.rsc.org/chemistryworld/2013/01/nanotechnology-patent-thicket-jungle-graphene-nanotubes
要約、対訳:筆者

 

 

ナノテクノロジーのという言葉が世間に浸透して久しいが、それは研究から技術として「昇華しつつあろう」としている。

「昇華しつつあろう」というのは記事中で指摘されているように、多くの特許が具体性にかけるものになっているために、その効果が曖昧であり、さらに何かの技術を開発しようとする際、既存の特許が邪魔になりうることが多々あるということである。これでは本来の役割を果たしていない状況といえるかもしれない。

 

ただし重要なことは、記事中最後でも紹介されているように、いくつかのベンチャーがナノテクノロジーを武器としてローンチしており、また実際の特許の「邪魔」をもろともせず活躍できていることだ。製品化を志向する研究の場合には、特許という太鼓判よりも、献身的な製品への技術提供という姿勢が必要であるということであろう。

ともあれナノテクノロジーは2013年も化学にも世界にも影響をあたえることは間違いないであろう。

 

  • 関連書籍

 

関連記事

  1. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化…
  2. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道
  3. 2009年10大化学ニュース
  4. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  5. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  6. 大塚製薬4200億円で米バイオベンチャーを買収
  7. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ
  8. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  2. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  3. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  4. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  5. 光学迷彩をまとう海洋生物―その仕組みに迫る
  6. アメリカ化学留学 ”大まかな流れ 編”
  7. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学
  8. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する
  9. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling
  10. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP