[スポンサーリンク]

イギリス

ケミストリー通り

(引用:PeriodicVideo

ここはイギリスのとある場所。その通りの名は、なんと・・・?

  • 概要

イギリスのシュロプシャー州Whitchurchの一角にある通りには、なんとChemistry Streetという名がついています。またこの近辺にはChemistry Bridgeと名付けられた橋まであるとか。化学マニアなら一度は訪れてみたいレアスポットですね(笑)。

chemistry_street_2.jpg

Chemistry Bridge (引用:geograph.org.uk

  • マップ


大きな地図で見る

チェックイン!

  • アルバム

  • 関連動画

  • 参考文献

  • 関連書籍

  • 関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 金沢ふるさと偉人館
  2. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  3. 化学遺産財団
  4. 官営八幡製鐵所関連施設
  5. サントリー白州蒸溜所
  6. 史跡 土肥金山
  7. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  8. フィリピン海溝

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  2. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Indole Synthesis
  3. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  4. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  5. 2009年10大化学ニュース
  6. 田中耕一 Koichi Tanaka
  7. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する
  8. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  9. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  10. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP