[スポンサーリンク]

イギリス

ケミストリー通り

(引用:PeriodicVideo

ここはイギリスのとある場所。その通りの名は、なんと・・・?

  • 概要

イギリスのシュロプシャー州Whitchurchの一角にある通りには、なんとChemistry Streetという名がついています。またこの近辺にはChemistry Bridgeと名付けられた橋まであるとか。化学マニアなら一度は訪れてみたいレアスポットですね(笑)。

chemistry_street_2.jpg

Chemistry Bridge (引用:geograph.org.uk

  • マップ


大きな地図で見る

チェックイン!

  • アルバム

  • 関連動画

  • 参考文献

  • 関連書籍

  • 関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Bergfriendhof (山の墓地)
  2. 金沢ふるさと偉人館
  3. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  4. オカモト株式会社茨城工場
  5. 合同資源上瀑工場
  6. 日本科学未来館
  7. フライデーハーバー研究所
  8. スクリプス研究所

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』
  2. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  3. 大塚製薬4200億円で米バイオベンチャーを買収
  4. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  5. はじめての研究生活マニュアル
  6. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待
  7. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授
  8. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  9. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  10. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫:「コクヨのペーパーナイフ」の巻

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP