[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

マテリアルズ・インフォマティクスのためのデータサイエンティスト入門

[スポンサーリンク]

■資料の概要

「マテリアルズ・インフォマティクスのためのデータサイエンティスト入門」

1.MIでどのようなことができるのか
2.MIの基本的な型
3.MIのデータサイエンティストに求められるスキル
4.学び方の具体例を紹介
5.まとめ
6.サービス情報のご紹介

■対象者

・「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」に関わる方(研究者、解析者、マネジメント層の方など)
・「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」に関心がある・初心者の方歓迎!
・MI-6のサービスに興味のある方

無料ダウンロードはこちら

■問い合わせ先

MI-6株式会社 事業開発部 bd@mi-6.co.jp

※お申し込みいただくと閲覧ページへ遷移いたします。もし、視聴できない場合はお手数ですが、問い合わせ先のメールアドレスへご連絡ください。また迷惑メールの設定や、メールアドレスの記載に誤りによって、視聴ができないケースがございます。 設定確認と登録アドレスに間違いがないよう、ご協力お願いいたします。
※同業他社企業のお申し込みはお断りしております。

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 銀イオンクロマトグラフィー
  2. 2009年ノーベル化学賞『リボソームの構造と機能の解明』
  3. 化学工業で活躍する有機電解合成
  4. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  5. エナンチオ選択的Heck反応で三級アルキルフルオリドを合成する
  6. 芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決…
  7. 思わぬ伏兵・豚インフルエンザ
  8. 有機合成化学協会誌2019年4月号:農薬・導電性電荷移動錯体・高…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. とある水銀化合物のはなし チメロサールとは
  2. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  3. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授
  4. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  5. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞
  6. 糖鎖を直接連結し天然物をつくる
  7. ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節
  8. ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します!
  9. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  10. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

注目情報

注目情報

最新記事

E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

E・ピーター・グリーンバーグ(Everett Peter Greenberg, 1948年11月7日…

「フント則を破る」励起一重項と三重項のエネルギーが逆転した発光材料

第421回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 中山研究室の相澤 直矢(…

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!

こんにちは、今回第31回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

理化学機器のリユースマーケット「ZAI」

不要になった理化学機器どうしていますか?大学だと資産や予算上の関係でなかなか処分に困るところ…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP