[スポンサーリンク]

会告

製薬産業の最前線バイオベンチャーを訪ねてみよう! ?シリコンバレーバイオ合宿?

 

 

シリコンバレーのバイオテック(日本語では、バイオベンチャー)を見学できる

「シリコンバレーバイオ合宿2013」の募集が開始されました。

 

シリコンバレーと聞くとIT産業を思い浮かべる方が多いと思いますが、シリコンバレーはIT産業だけでなく

バイオテック発祥の地でもあり、GenentechやGileadなどを始めとして多くのバイオ企業やバイオテックが集積している土地です。

 

 

今回は、バイオ合宿の簡単な紹介、そして魅力を伝えたいと思います!バイオ合宿という名前ですが、化学者にとっても非常に有益な内容です!

 

 

※ 本記事中の写真はイメージであり、バイオ合宿とは直接関係ありません。

※ 本記事は、昨年までの内容に基づいて書かれているので、訪問先、スピーカー、パネリスト等は変更になる可能性もあります。

 

魅力その① シリコンバレーのバイオテックを見学!

 

Biochemical test

(写真はイメージであり、バイオ合宿とは直接関係ありません。)

通常では立ち入ることの出来ないバイオテックの建物内を見学することが出来ます。まだスタートアップの段階のバイオテックから、ある程度成長したバイオテックまで、いくつものバイオテックを訪れます。

もちろん、建物内ではバイオテックで働く人が案内してくれますし、質問にも答えてくれます。このような見学の機会は、一人旅ではなかなか得られないものです。

 

魅力その② バイオテックで働く人の話を間近で聴く!

 

バイオ合宿では、セミナー形式でバイオテックで働く人の話を聞くことが出来ます。質問時間がかなり長めに取ってあるので、いろんな情報が得られるでしょう!海外のバイオテックに興味があっても、日本にいる限り「どうやって就職すれば良いのか?」「どのような労働環境なのか?」という情報はなかなか得られません。バイオテックに興味のある方はバイオ合宿に是非参加してみてはいかがでしょうか?

 

魅力その③ バイオテックを支える人の話を間近で聴く!

biocamp3.jpg

(写真はイメージであり、バイオ合宿とは直接関係ありません。)

バイオテックといっても研究者だけでは成り立ちません。当然、コンサルやお金を投資するベンチャーキャピタルなどの存在が不可欠です。今回の合宿では、バイオテックの経営に関わる人たちにも話を聞くことが出来ます。

 

魅力その④ スタンフォード大学、カリフォルニア大学を見学!

biocamp4.jpg

(写真はイメージであり、バイオ合宿とは直接関係ありません。)

バイオ合宿では、企業だけでなくシリコンバレーのすぐそばに位置しているスタンフォード大学カリフォルニア大学も見学します。もともとこの地は、大学と企業の結びつきも強いのです。海外の大学を見学すると日本の大学との違いにびっくりすること間違いないでしょう!

 

魅力その⑤ 海外の大学院生、ポスドクの方々の話を身近で聴く!

biocamp5.jpg

(写真はイメージであり、バイオ合宿とは直接関係ありません。)

バイオ合宿では、海外で研究をされている大学院生ポスドクの方々の話も聴けます。海外の大学への進学を考えている学生や海外で研究をしたいと考えている研究者の方などは、情報を得る良い機会ではないかと思います。

 

 

魅力その⑥ 懇親会

 

バイオ合宿では、毎晩懇親会があり個人的に相談してみたいこと、あとから疑問に思ったことなどいろんな話が聴けます。

 

魅力その⑦ 人とのつながり

biocamp7.jpg

(写真はイメージであり、バイオ合宿とは直接関係ありません。)

たった3日間の合宿ですが、他の参加者と一生の仲間となることは間違いありません!バイオ合宿が終わった後も同期会などで集まったり、他の年の参加者との交流もあります。この合宿に参加することによって人とのつながりが飛躍的に広がります!また、バイオ合宿に参加する人はやる気にあふれた方が多いので、話していて刺激を受けます。

 

魅力その⑧ バイオのことが分からなくても大丈夫!

 

バイオ合宿では、合宿2ヶ月前よりメールによる予習コースがあるので、バイオに興味があっても専門知識がないという方でも心配ありません。

 

 

体験談

筆者も昨年このツアーに参加させて頂きました。バイオ合宿という名前ですが、化学者にとっても非常に有益な内容でした。下記リンクの過去の参加者のレポートを読めば分かると思いますが、参加者のバックグラウンドは様々です。バイオテックに関する予備知識がないことを心配する必要はないです。むしろ実際に見学してはじめて分かることも多いと思います。筆者は、薬学部出身ということもあり、製薬産業については一通り理解しているつもりでしたが、実際に見学してみると自分の想像とは違うことも多々ありました。

筆者は、将来海外で働きたいと思い、どのようにして海外の企業に就職すればいいのか、ということを知るために参加しました。実際に参加して、現地で働く人の話を聴いたところ、バイオテックに来た経緯はみなさんバラバラでした。100人いれば100通りの人生があるように、自分の道は自分で探すしかないと思いました。しかし、いろんな方の話を聴いて共通して感じたことは、「挑戦しなければチャンスは訪れない」ということでした。

たった3日間の合宿ですが、非常に濃密な内容でした。約二ヶ月前から予習が始まっていたということもあり、他の合宿参加者とは非常に長い時間を共にしたような感じが残っています。現在でも彼らとは連絡を取り合っています。自分に取ってバイオ合宿は、非常に大きな経験でした。今まで自分の知らなかった世界を見せてくれたということもありますが、一番大きかったのは人との出会いです。現地で働く方、スピーカー、パネリストの方、他の参加者の方。やる気に満ちあふれた方々との会話は何よりも刺激的でした。

バイオテックに興味のある方は是非参加してほしいと思います。バイオ合宿への参加によって、きっと新しい道が開けると思います!

 

応募方法

応募時点で18歳以上であれば、応募できます。

詳しい応募資格、応募方法は、こちらのページで確認してください。

 

筆者の受けた印象では、選考においてエッセイが重視されている気がします。

 

関連リンク

 

 

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応
  2. 究極のエネルギーキャリアきたる?!
  3. 日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン
  4. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
  5. イスラエルの化学ってどうよ?
  6. 天然の保護基!
  7. 5配位ケイ素間の結合
  8. 有合化若手セミナーに行ってきました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アンソニー・スペック Anthony L. Spek
  2. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chloride
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)
  4. ヒバリマイシノンの全合成
  5. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada
  6. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  7. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  8. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  9. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications
  10. 2016年ケムステ人気記事ランキング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP