[スポンサーリンク]

ケムステニュース

伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に

デンドリマー

伯東は情報通信研究機構と次世代の高機能高分子材料「デンドリマー」を、短期間に製造できる実用化技術を確立した。製造期間は従来の約10分の1に当たる数日間に短縮。有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)や医療分野などに応用が期待される。(引用:日刊工業新聞)

デンドリマーとは分子を放射状に組み立てた球の形をした巨大分子のことです。製造は有機合成反応を繰り返すことで行われます。製造方法として、核となる中心の核(分子)から同様の枝(置換基)を伸ばす、ダイバージェント(Divergent)法と、枝を合成してから、中心の核を合成するコンバージェント(Convergent)法が知られています。同様の枝から構成されるデンドリマーの場合、工業的にはダイバージェント法の方が、利点があります。

今回合成したデンドリマーは、エステル型のポリグリセロール-コハク酸デンドリマーであり、導入過程や後処理、反応時間を検討した結果、今までよりも簡便に合成できるようになったそうです。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  2. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  3. 秋の褒章2011-化学
  4. 大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売
  5. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原…
  6. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  7. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  8. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 連鎖と逐次重合が同時に起こる?
  2. 自由の世界へようこそ
  3. スマホページをリニューアルしました
  4. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  5. リチウムイオン電池のはなし~1~
  6. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ
  7. Reaxys Prize 2017ファイナリスト発表
  8. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  9. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  10. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

化合物の合成や構造決定に勤しんでいる読者の皆様。最近、島津製作所から新しいFTIR(フーリエ変換赤外…

1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応

3-ブロモピリジン類と1,3-ジエン類を用いたcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応が開発された。…

PAGE TOP