[スポンサーリンク]

ケムステニュース

伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に

デンドリマー

伯東は情報通信研究機構と次世代の高機能高分子材料「デンドリマー」を、短期間に製造できる実用化技術を確立した。製造期間は従来の約10分の1に当たる数日間に短縮。有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)や医療分野などに応用が期待される。(引用:日刊工業新聞)

デンドリマーとは分子を放射状に組み立てた球の形をした巨大分子のことです。製造は有機合成反応を繰り返すことで行われます。製造方法として、核となる中心の核(分子)から同様の枝(置換基)を伸ばす、ダイバージェント(Divergent)法と、枝を合成してから、中心の核を合成するコンバージェント(Convergent)法が知られています。同様の枝から構成されるデンドリマーの場合、工業的にはダイバージェント法の方が、利点があります。

今回合成したデンドリマーは、エステル型のポリグリセロール-コハク酸デンドリマーであり、導入過程や後処理、反応時間を検討した結果、今までよりも簡便に合成できるようになったそうです。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に
  2. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  3. ねじれがあるアミド
  4. 「さびない鉄」産業界熱視線
  5. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に…
  6. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  7. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  8. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  2. 道修町ミュージアムストリート
  3. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応
  4. 環サイズを選択できるジアミノ化
  5. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  6. バリー・トロスト Barry M. Trost
  7. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  8. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!
  9. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生
  10. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!

かねてよりケムステでは有機合成化学協会とのコラボにより、協会誌の新着紹介に努めてきました。協会側もウ…

ダイヤモンドライクカーボン

ダイヤモンドライクカーボン(Diamond Like Carbon:DLC)は炭素から成るアモルファ…

スイスでポスドクはいかが?

「スイスへの博士留学ってどうなの?」 というタイトルで以前記事を書かせていただきましたが、今回はその…

帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充

6日、テイジンはEV他を背景とするバッテリー需要に対応するため、松山事業所の生産設備の増強し微多孔膜…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP