[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

[スポンサーリンク]

―ぶれずに価値創造。

私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エネルギーといった、「未来を変える」最先端分野を切り拓く会社です。

本気で化学に携わりたい人へ

「化学が楽しくてたまらない」、「研究が好きで楽しんでいる」という人と共に、新たな価値を生み出していきたいと考えております。

研究開発こそ新たな価値を生み出す原動力だという明確な企業姿勢のもと、業界でもトップ水準の研究開発投資により、本気で研究に打ち込める環境を整えています。

人の面でも、研究好きな研究員同士がキャリアや立場にとらわれず、それぞれが“いち対等”な研究者として共に議論できる環境の中で、若いうちからどんどん新たな価値の創造に挑戦しています。

主要化学メーカーで長年トップを走り続ける研究開発費投資 ※主要化学メーカーとは、日経225選定銘柄(化学・繊維)22社です。

配属予約型の採用とキャリアマッチングイベント アーカイブ配信START

研究員一人ひとりが、「これがやりたい」という強い気持ちで思いきり活躍していただきたいと考え、研究領域別での配属予約型の採用と12月にYouTubeにて開催。本イベントのアーカイブ配信がスタートしました!

日産化学では、入社後数年間携わりたい研究領域をご応募の段階で定めて頂き、実際にその領域でご入社、キャリアをスタートします。

キャリアマッチングイベントでは、全ての研究領域を公開し、各領域から現役の研究員本人が仕事内容や研究員ならではのマニアックな話をお伝えしています。当日イベントにご参加いただいた方もそうでない方も、各研究領域紹介の動画を通じて、ご自身が進みたい道のヒントをぜひ見つけてください。

START your chemi-story 研究職限定 キャリアマッチングLIVE アーカイブ配信 参加部門(全11領域)

●化学系

機能性材料/機能性材料(無機系)/物質解析/計算科学

医薬/合成プロセス/農薬/農薬製剤

●生物系

医薬/安全性評価/農薬

【視聴方法】エントリーいただいた方にマイページを発行します。マイページ内にて、アーカイブ配信WEBサイトをご視聴いただけます。マイページ発行については、下記「応募方法」よりご確認ください。

採用情報

募集職種 研究開発職
※生産技術職、事務系総合職についての詳細は採用HPでご確認ください。
募集領域
  • ●【化学】

機能性材料、機能性材料(無機)、物質解析、計算科学、医薬、合成プロセス、農薬、農薬製剤

  • ●【生物】

医薬、安全性評価、農薬

応募資格 2022年 3 月大学院修了見込者 (6年制大学卒業見込者含む)
応募フロー 応募締切:1月20日(水)23:59

*締切日以降、順次選考を実施

■キャリアマッチングLIVE アーカイブ配信

研究開発職としてのキャリアを考えて頂くうえで、ぜひご視聴ください。下記よりマイページを発行いただいた方限定でご視聴いただけます。

応募方法 こちらからマイページを発行の上、マイページ内でご応募下さい。
連絡先 日産化学株式会社 人事部 採用チーム
E-mail: saiyou@nissanchem.co.jp

日産化学の基本情報

会社名 日産化学株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋二丁目5‐1
事業所
  • 【本社】東京
  • 【研究所】千葉、埼玉、富山
  • 【工場】千葉、埼玉、富山、愛知、山口
  • 【海外拠点】アメリカ、フランス、中国、韓国、台湾、ブラジル、インド
事業内容
  • 【ライフサイエンス】医薬、農薬、生体材料、動物用医薬品
  • 【情報通信】半導体材料、ディスプレイ材料、無機コロイド材料、光機能性材料
  • 【環境エネルギー】電池材料、環境発電材料、熱制御材料
  • 【基盤】化学品、ファインケミカル製品の、開発、製造、販売。
創業 1887年(明治20年)
 資本金 189億円
 売上高 2,068億円(連結)
 従業員数 2,640名(連結)
 ホームページ https://www.nissanchem.co.jp/saiyo/

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結…
  2. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い
  3. Nature Chemistry:Research Highli…
  4. 2016年JACS Most Read Articles Top…
  5. 第10回次世代を担う有機化学シンポジウムに参加してきました
  6. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」
  7. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  8. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ギンコライド ginkgolide
  2. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  3. 2011年人気記事ランキング
  4. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  5. 大学院生のつぶやき:第5回HOPEミーティングに参加してきました
  6. 表面処理技術ーChemical Times特集より
  7. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–
  8. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  9. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding
  10. 親子で楽しめる化学映像集 その2

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP