[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

[スポンサーリンク]

―ぶれずに価値創造。

私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エネルギーといった、「未来を変える」最先端分野を切り拓く会社です。

本気で化学に携わりたい人へ

「化学が楽しくてたまらない」、「研究が好きで楽しんでいる」という人と共に、新たな価値を生み出していきたいと考えております。

研究開発こそ新たな価値を生み出す原動力だという明確な企業姿勢のもと、業界でもトップ水準の研究開発投資により、本気で研究に打ち込める環境を整えています。

人の面でも、研究好きな研究員同士がキャリアや立場にとらわれず、それぞれが“いち対等”な研究者として共に議論できる環境の中で、若いうちからどんどん新たな価値の創造に挑戦しています。

主要化学メーカーで長年トップを走り続ける研究開発費投資 ※主要化学メーカーとは、日経225選定銘柄(化学・繊維)22社です。

配属予約型の採用とキャリアマッチングイベント アーカイブ配信START

研究員一人ひとりが、「これがやりたい」という強い気持ちで思いきり活躍していただきたいと考え、研究領域別での配属予約型の採用と12月にYouTubeにて開催。本イベントのアーカイブ配信がスタートしました!

日産化学では、入社後数年間携わりたい研究領域をご応募の段階で定めて頂き、実際にその領域でご入社、キャリアをスタートします。

キャリアマッチングイベントでは、全ての研究領域を公開し、各領域から現役の研究員本人が仕事内容や研究員ならではのマニアックな話をお伝えしています。当日イベントにご参加いただいた方もそうでない方も、各研究領域紹介の動画を通じて、ご自身が進みたい道のヒントをぜひ見つけてください。

START your chemi-story 研究職限定 キャリアマッチングLIVE アーカイブ配信 参加部門(全11領域)

●化学系

機能性材料/機能性材料(無機系)/物質解析/計算科学

医薬/合成プロセス/農薬/農薬製剤

●生物系

医薬/安全性評価/農薬

【視聴方法】エントリーいただいた方にマイページを発行します。マイページ内にて、アーカイブ配信WEBサイトをご視聴いただけます。マイページ発行については、下記「応募方法」よりご確認ください。

採用情報

募集職種 研究開発職
※生産技術職、事務系総合職についての詳細は採用HPでご確認ください。
募集領域
  • ●【化学】

機能性材料、機能性材料(無機)、物質解析、計算科学、医薬、合成プロセス、農薬、農薬製剤

  • ●【生物】

医薬、安全性評価、農薬

応募資格 2022年 3 月大学院修了見込者 (6年制大学卒業見込者含む)
応募フロー 応募締切:1月20日(水)23:59

*締切日以降、順次選考を実施

■キャリアマッチングLIVE アーカイブ配信

研究開発職としてのキャリアを考えて頂くうえで、ぜひご視聴ください。下記よりマイページを発行いただいた方限定でご視聴いただけます。

応募方法 こちらからマイページを発行の上、マイページ内でご応募下さい。
連絡先 日産化学株式会社 人事部 採用チーム
E-mail: saiyou@nissanchem.co.jp

日産化学の基本情報

会社名 日産化学株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋二丁目5‐1
事業所
  • 【本社】東京
  • 【研究所】千葉、埼玉、富山
  • 【工場】千葉、埼玉、富山、愛知、山口
  • 【海外拠点】アメリカ、フランス、中国、韓国、台湾、ブラジル、インド
事業内容
  • 【ライフサイエンス】医薬、農薬、生体材料、動物用医薬品
  • 【情報通信】半導体材料、ディスプレイ材料、無機コロイド材料、光機能性材料
  • 【環境エネルギー】電池材料、環境発電材料、熱制御材料
  • 【基盤】化学品、ファインケミカル製品の、開発、製造、販売。
創業 1887年(明治20年)
 資本金 189億円
 売上高 2,068億円(連結)
 従業員数 2,640名(連結)
 ホームページ https://www.nissanchem.co.jp/saiyo/

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–
  2. C&EN コラム記事 ~Bench & Cu…
  3. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す
  4. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました
  5. リガンドによりCO2を選択的に導入する
  6. 企業の研究を通して感じたこと
  7. 合成小分子と光の力で細胞内蛋白質の局在を自在に操る!
  8. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 李昂 Ang Li
  2. ほぅ、そうか!ハッとするC(sp3)–Hホウ素化
  3. 有機合成化学協会誌2017年11月号:オープンアクセス・英文号!
  4. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  5. アスパルテーム /aspartame
  6. Chem-Stationついに7周年!
  7. 焦宁 Ning Jiao
  8. ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物
  9. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  10. 「有機合成と生化学を組み合わせた統合的研究」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Bode研より

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP