[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

[スポンサーリンク]

―ぶれずに価値創造。

私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エネルギーといった、「未来を変える」最先端分野を切り拓く会社です。

本気で化学に携わりたい人へ

「化学が楽しくてたまらない」、「研究が好きで楽しんでいる」という人と共に、新たな価値を生み出していきたいと考えております。

研究開発こそ新たな価値を生み出す原動力だという明確な企業姿勢のもと、業界でもトップ水準の研究開発投資により、本気で研究に打ち込める環境を整えています。

人の面でも、研究好きな研究員同士がキャリアや立場にとらわれず、それぞれが“いち対等”な研究者として共に議論できる環境の中で、若いうちからどんどん新たな価値の創造に挑戦しています。

主要化学メーカーで長年トップを走り続ける研究開発費投資 ※主要化学メーカーとは、日経225選定銘柄(化学・繊維)22社です。

配属予約型の採用とキャリアマッチングイベント アーカイブ配信START

研究員一人ひとりが、「これがやりたい」という強い気持ちで思いきり活躍していただきたいと考え、研究領域別での配属予約型の採用と12月にYouTubeにて開催。本イベントのアーカイブ配信がスタートしました!

日産化学では、入社後数年間携わりたい研究領域をご応募の段階で定めて頂き、実際にその領域でご入社、キャリアをスタートします。

キャリアマッチングイベントでは、全ての研究領域を公開し、各領域から現役の研究員本人が仕事内容や研究員ならではのマニアックな話をお伝えしています。当日イベントにご参加いただいた方もそうでない方も、各研究領域紹介の動画を通じて、ご自身が進みたい道のヒントをぜひ見つけてください。

START your chemi-story 研究職限定 キャリアマッチングLIVE アーカイブ配信 参加部門(全11領域)

●化学系

機能性材料/機能性材料(無機系)/物質解析/計算科学

医薬/合成プロセス/農薬/農薬製剤

●生物系

医薬/安全性評価/農薬

【視聴方法】エントリーいただいた方にマイページを発行します。マイページ内にて、アーカイブ配信WEBサイトをご視聴いただけます。マイページ発行については、下記「応募方法」よりご確認ください。

採用情報

募集職種 研究開発職
※生産技術職、事務系総合職についての詳細は採用HPでご確認ください。
募集領域
  • ●【化学】

機能性材料、機能性材料(無機)、物質解析、計算科学、医薬、合成プロセス、農薬、農薬製剤

  • ●【生物】

医薬、安全性評価、農薬

応募資格 2022年 3 月大学院修了見込者 (6年制大学卒業見込者含む)
応募フロー 応募締切:1月20日(水)23:59

*締切日以降、順次選考を実施

■キャリアマッチングLIVE アーカイブ配信

研究開発職としてのキャリアを考えて頂くうえで、ぜひご視聴ください。下記よりマイページを発行いただいた方限定でご視聴いただけます。

応募方法 こちらからマイページを発行の上、マイページ内でご応募下さい。
連絡先 日産化学株式会社 人事部 採用チーム
E-mail: saiyou@nissanchem.co.jp

日産化学の基本情報

会社名 日産化学株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋二丁目5‐1
事業所
  • 【本社】東京
  • 【研究所】千葉、埼玉、富山
  • 【工場】千葉、埼玉、富山、愛知、山口
  • 【海外拠点】アメリカ、フランス、中国、韓国、台湾、ブラジル、インド
事業内容
  • 【ライフサイエンス】医薬、農薬、生体材料、動物用医薬品
  • 【情報通信】半導体材料、ディスプレイ材料、無機コロイド材料、光機能性材料
  • 【環境エネルギー】電池材料、環境発電材料、熱制御材料
  • 【基盤】化学品、ファインケミカル製品の、開発、製造、販売。
創業 1887年(明治20年)
 資本金 189億円
 売上高 2,068億円(連結)
 従業員数 2,640名(連結)
 ホームページ https://www.nissanchem.co.jp/saiyo/

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  2. 味の素ファインテクノの技術と社会貢献
  3. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VI…
  4. 化学研究ライフハック:ソーシャルブックマークを活用しよう!
  5. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  6. 光分解性シアニン色素をADCのリンカーに組み込む
  7. 卒論・修論にむけて〜わかりやすく伝わる文章を書こう!〜
  8. 第3回ITbM国際シンポジウム(ISTbM-3)、第11回平田ア…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation
  2. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  3. 有機合成化学協会誌2021年3月号:水素抽出型化学変換・環骨格一挙構築・新規アルコキシメチル基・π拡張非交互炭化水素・フローマイクロリアクター
  4. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表
  5. 高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして
  6. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  7. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  8. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation
  9. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  10. 吉田善一 Zen-ichi Yoshida

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP