[スポンサーリンク]


2013年 9月 17日

  1. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

    プロパンチアールオキシドはタマネギなどネギ属植物に含まれる催涙成分。タマネギを切ると目がしみる原因はこの物質のためです。

  2. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②

    アルメニア初の化学国際会議、ArmChemFront2013の参加レポート!今回は学会内容に…

  3. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました

    先日、京都の合宿所で大阪大学のあるプログラムの合宿に講師として呼ばれましたので参…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 危険物データベース:第2類(可燃性固体)
  2. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 純 教授
  3. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開始
  4. What’s Cooking in Chemistry?: How Leading Chemists Succeed in the Kitchen
  5. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  6. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  7. Happy Mole Day to You !!

注目情報

最新記事

なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

Nature誌やScience誌は科学者ならば誰もが認める一流ジャーナルとして認識されています。そう…

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

PAGE TOP