[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当が産休のため、代表が本誌を紹介いたします。

さて、皆様は夏休みまっさかりでしょうか。通常ならば経済活性化のため、Go to トラベル!といいたいところですが、ちょっとそんな雰囲気ではないですね。私は部屋に閉じこもってお仕事の真っ最中です。気晴らしにぜひ本誌でもいかがでしょうか。

有機合成化学協会誌、今月号も盛り沢山の内容になっております。

キーワードは 「E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体」です。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:「伝えること」の大切さと難しさ 

北海道大学大学院工学研究院教授・フロンティア化学教育研究センター長の大熊 毅教授による巻頭言です。

コロナ禍でのオンデマンド講義やミーティング。簡便である一方「伝えること」の難しさがある。一方化学の世界を見てみると化学構造式で魅了できる化学を伝えることの大切さを説いています。是非ご覧あれ。

個人的にはみんな有機化学者(構造式がわかるひと)だったらいいのにと思います。化学以外のひとには僕らの共通言語がまったく使えないので。

迅速な臨床導入に向けたE2212原薬の効率的製法の開発

磯村峰孝、中村太樹

エーザイ株式会社

日本プロセス化学会賞も受賞したアルツハイマー病治療薬E2212のプロセス合成法の確立について述べられています。詳細な条件検討、反応機構や反応性の理解、フロー反応の利用という独自のアイデアと実行面での工夫、そして著者のプロセス化学への愛情がうかがえる総合論文になっています。

 

ヘリセンのらせん構造内部空間に着目した機能性分子の創製研究

臼井一晃

昭和薬科大学薬学部

「らせん」の中の「小さな」空間に潜む「大きな」可能性。ヘリセン内部に置換基を導入した内部置換型キラルヘリセンの巧みな合成と、不斉金属触媒配位子、結晶構造制御への展開が秀逸です。計算化学とX線結晶構造解析による解析、予測も参考になります。

剛直平面構造をもつ炭素架橋オリゴフェニレンビニレン(COPV)の合成、物性、応用

辻 勇人1中村栄一2

Synthesis, Property and Application of Rigid Planar Carbon-bridged Oilgo(phenylenevinylene)s Hayato Tsuji1 and Eiichi Nakamura2

1神奈川大学理学部化学科

2東京大学総括プロジェクト機構

本論文は炭素架橋を有するオリゴフェニレンビニレン (COPVn, n = 1 – 6) の合成と構造、基礎物性とそれらの応用について詳細に記述されている。優れた光物性や酸化還元特性、化学的安定性に基づく様々な応用展開が記述されており、この分子の優れた特性と広い応用性に驚きを感じる。

水素結合性分子集合体のダイナミクスと物性化学

武田貴志 、芥川智行

東北大学多元物質科学研究所

本総合論文では、集合構造とダイナミクスの制御を通じた水素結合性分子集合体の機能開発に関する、著者らのグループの取り組みについてまとめられています。機能物性科学の観点から見ると、シンプルな化合物でも多彩な機能が発現し得ることが明示されており、有機合成化学者にも大きなインスピレーションを与えるものと思います。ぜひご一読下さい!

 

芳香環縮環ジケトホスファニル骨格をコアとする機能性π共役分子の創製

武田洋平

大阪大学大学院工学研究科

有機半導体材料で有名な芳香環縮環ジイミドにインスパイアされたジケトホスファニル化合物について、合成だけでなくユニークな物性について紹介。当該骨格をビルディングとした共役系ポリマーの吸収域は、近赤外までの長波長化。ローバンドギャップ材料への応用が期待できる。

Review de Debut

DNA encoded library の多様性拡大を指向した有機合成 (京都薬科大学)浜田翔平

今回のReview de Debutは1件です。京都薬科大学の古田研助教の浜田翔平先生のミニレビューが掲載されています。こちらは会員でなくともみれますので、ぜひご覧ください。

感動の瞬間: 発見の喜び

今月号の感動の瞬間は、九州大学名誉教授・日本希土類学会顧問である稲永純二先生による寄稿記事です。

有機合成化学の重要な反応や反応剤の発見の歴史がわかるため大変おすすめです。私も知りませんでした。

 

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

 

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. シュプリンガー・ネイチャーより 化学会・薬学会年会が中止になりガ…
  2. 結晶構造に基づいた酵素機能の解明ーロバスタチン生合成に関わる還元…
  3. 2009年10大分子発表!
  4. コーヒーブレイク
  5. 元素川柳コンテスト募集中!
  6. 論文の自己剽窃は推奨されるべき?
  7. 【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ…
  8. ノーベル賞化学者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  2. 研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~
  3. 天才児の見つけ方・育て方
  4. 浜地 格 Itaru Hamachi
  5. 化学者のためのエレクトロニクス入門⑤ ~ディスプレイ分野などで活躍する化学メーカー編~~
  6. 世界最小電圧の乾電池1本で光る青色有機EL
  7. 2016年ケムステ人気記事ランキング
  8. 中国へ行ってきました 西安・上海・北京編③
  9. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!
  10. as well asの使い方

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

開催日:2024/07/10 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

Tshozoです。マイクロプラスチックについては以前から関連記事(1,2)を書いたり定期的に…

半導体・リチウムイオン電池にも!マイクロ波がもたらすプロセス改善

<内容>電子レンジでおなじみの”マイクロ波”は、昨今、プロセスの脱炭素化及び効率…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP