[スポンサーリンク]

一般的な話題

THE PHD MOVIE

以前、ケムステでも取り上げたことのある、アメリカの大人気博士課程コミックス「Ph.D. comics」が映画化されました。コミックの実写化ですが、原作の雰囲気を失わなわない出来に仕上がっています。

 

 

上のトレイラーだけを見ても、教授から突然大量の仕事が降ってくる単純作業の繰り返しに気が遠くなるカップラーメンを食べつつ徹夜…などなど、院生ならばデジャブを感じずにはいられない、あるあるシーンの連続といえる内容に仕上がっています。特に、主人公は合成系の研究室に所属している設定のため化学系の院生の方は特に共感できるのではないでしょうか。 なにより、最後には世界中でみんな苦労しながら研究してるんだな…自分も頑張ろう、という気持ちにしてくれる院生のための映画です。

 

さて、ではこの映画はどこで見れるのでしょうか。友人と一緒に見てほしいという監督の意向もありDVD化の予定はないそうですが、大学に誘致することで上映することが可能です。既に、世界各国の大学で上映されています。日本では既に九州大学(2011年12月)・関西学院大学(2012年1月)・大阪大学(2012年2月)で上映されたため、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。この後、専修大学(2012年2月25日)と東京大学(柏キャンパス:2012年3月9日白金台キャンパス:3月23日)で上映予定だそうです。

 

お近くの方は、足を延ばしてみてはいかがでしょうか。そして、遠方の方はPh.D. movieを誘致してみてはいかでしょうか!?

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
suiga
高分子合成と高分子合成の話題を中心にご紹介します。基礎研究・応用研究・商品開発それぞれの面白さをお伝えしていきたいです。

関連記事

  1. Kindle Paperwhiteで自炊教科書を読んでみた
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編…
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編…
  4. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  5. 汝ペーハーと読むなかれ
  6. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!
  7. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  8. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 微生物の電気でリビングラジカル重合
  2. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  3. カンファー(camphor)
  4. 比色法の化学(後編)
  5. クリーンなラジカル反応で官能基化する
  6. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授
  7. 水分解 water-splitting
  8. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  9. 元素検定にチャレンジせよ!
  10. カーボン系固体酸触媒

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP