[スポンサーリンク]


2015年 2月 16日

  1. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?

    株式会社ユーグレナ(本社:東京都文京区、社長:出雲充)は、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の粉末や、特有成分であるパラミロンの継続摂取により、インフルエンザ症状が緩和することを示唆した研究結果を確認したことをお知らせします。毎…

  2. 超分子ポリマーを精密につくる

    近年「超分子ポリマー(supramolecular polymers)」と呼ばれ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 歯車の回転数は、当てる光次第 -触媒量のDDQ光触媒で行うベンゼンC-H結合アミノ化反応-
  2. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  3. 有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング
  4. 第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり
  5. 生体分子機械の集団運動の制御に成功:環境適応能や自己修復機能の発見
  6. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  7. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

PAGE TOP