[スポンサーリンク]

ケムステしごと

就職活動2014スタートー就活を楽しむ方法

[スポンサーリンク]

いよいよ2014年卒の就活が始まりました。これから就活生には、経験したのことの無いほどのつらいことや厳しいことが待っているでしょう。でも就活は、厳しいことだけではありません、楽しいこともたくさんあります。そんな2013年卒の私が感じた楽しいことを紹介します。

 

色々な所に行ける

今まで実験や授業の毎日で、学会以外ではどこにも行かれなかったと思いますが。堂々と平日に旅行が出来ます。まず、会社個別の説明会は、基本的には本社などで行われるので大手町や品川などに行くことが多くなります。サラリーマンになった気分になれます。また工場や研究所は、都心部には無いので見学会で地方に行けるかもしれません。面接でも、工場や研究所で実施されることもあります。旅費は、会社によりけりで全額出してくれるところもありますが、全く出してくれない所もあります。私の場合(東京在住)は、名古屋に三回、神戸に一回、大阪に一回、神奈川に一回行きましたが、このうち一回はすべて自費で行きました。一部負担との記載で実際に行ってみたら、雀の涙ほどしかもらえなかった場合もあるようなので、行くか行かないかの判断は難しいです。

 

試供品をもらえる

化学会社はBtoBの会社が多いので一般向けの商品は売っていません。そのため、とある商品の一部に使われているとしてその商品をもらえることがあります。
例えば、某化学メーカーが作った化学品が入っているハンドクリームや某材料メーカーが作った金属が使われているシャープペンシルなどを頂きました。もらった時はうれしいのですが、その会社に落ちるとそれを見ると悔しい気持ちがフラッシュバックされるのでずっと使い続けられるかは分かりません。


一番高かった試供品、「クルトガ・ハイグレードタイプ」 これを頂いた会社には落ちましたが、便利なので大事に使っています。

おごってもらえる

 OBやOGの方と話す際には、固くならないためにご飯を食べながら話をしてくれる場合があります。中には飲み会を開いてくださる所もありました。本音を話すことは重要ですが選考とは関係ないと言っても、人物をチェックしている場合もあるので悪口とかはやめた方が良いです。

色々な人と出会える

 会社の方はもちろんのこと、そのほかの就活生と話すことが出来ます。もちろん説明会に来る人は皆ライバルですが、研究をやっている仲間でもあります。ですから、研究室や就活の状況とかを話してリラックスする機会でもあります。私は、ぱっと話せるタイプでは無いので、なかなか見ず知らずの他人と話すことはあまりありませんでしたが、思い切って隣の人に話しかけてみてはどうでしょうか。少しは気分が落ち着くかもしれません。

 就活生にとっては長い闘いの始まりです。人事担当の方などは、社会に出るいい機会だとか言いますが、お祈りメールをもらうことなどは苦痛以外の何者でもありません。中には内定がもらえず、自殺してしまう人も現実にはいます。なのでそうならないように、視点を変えてみて就活を楽しめたらと思いますし、たまには肩の力を抜き休んでみるのもいいと思います。
もちろん、研究もちゃんと進めてくださいね。

関連書籍

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化
  2. 化学探偵Mr.キュリー6
  3. 論文引用ランキングから見る、化学界の世界的潮流
  4. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド
  5. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある
  6. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  7. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】
  8. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. えれめんトランプをやってみた
  2. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  3. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  4. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジンの亜リン酸によるエナンチオ選択的非対称化反応
  5. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2
  6. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  7. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  8. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  9. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolactonizaion
  10. 個性あるTOC その②

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP