[スポンサーリンク]


2018年 7月 18日

  1. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

    概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarbonyl, Troc)基は、カルバメート形成によってアミンの保護目的に多用される。場合によってはアルコールやフェノールの保護目的にも使われる…

  2. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

    抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. その反応を冠する者の名は
  2. 取り扱いやすく保存可能なオキシム試薬(O-ベンゼンスルホニルアセトヒドロキサム酸エチル)
  3. 除虫菊に含まれる生理活性成分の生合成酵素を単離
  4. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  5. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  6. カルベンで炭素ー炭素単結合を切る
  7. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP