[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

[スポンサーリンク]

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。さて新年早々ですが、第14回ケムステVシンポジウムの告知です。今回のテーマは、かねてより開催要望の声が多かった「超分子化学」。栄えあるタイトルは「スーパー超分子ワールド」

今回ファシリテーターを務めますのは、第11回ケムステVシンポ「最先端精密高分子合成」よりケムステのスタッフとなりました、阪大講師の石割です。コロナウウィルスは変異種も出てきてしまい、全く収束の気配を見せませんが、今こそこういったVシンポジウムの重要性が出てくるのでは無いかと思います。

さて、この「超分子」という言葉ですが、2021年現在の世の中で一体何を指すのかと言われると、かなり難しいです。超分子化学という言葉自体は、1960年代頃のクラウンエーテル(1987年にノーベル化学賞)の発見を皮切りに、ジャン=マリー・レーン教授らにより提唱された概念であり、非共有結合で結合した分子集合体(1:1のホストゲスト系から疎水効果によるミセルのような集合体などまでも)を扱う分野であったのですが、分子マシン(2016年にノーベル化学賞)として機能するような分子スイッチなども超分子化学として捉えられている感じです。結晶内での分子同士の相互作用も超分子的相互作用の一種と考えると、有機材料のほとんどを超分子化学の一環としてみなすことも可能であり、非常に広範な分野と言えます。このように超分子化学は分野という括りに囚われることのない研究分野ですので、様々な可能性のある非常に楽しい分野です。この東京大学塩谷先生のエッセイでも、超分子化学分野を魅力的に紹介していただいております。

さて、そんな超分子化学ですが、日本は世界をリードする立場にあり、国内の超分子を扱うシンポジウム(基礎有機化学討論会ホストゲスト超分子化学シンポジウムなど)ではハイレベルな発表や討論が行われております。その様な “スーパー超分子ワールド” から今回は、①超分子化学の大家の東京大学塩谷研を卒業されノーベル賞受賞のSauvage研などを渡り歩いてこられた金沢大学秋根研究室の酒田陽子先生(ケムステの過去記事はこちらこちら。また、つい先日2020年度日本化学会女性化学者奨励賞を受賞されております。おめでとうございます!)、②同じく超分子化学の大家の東京大学相田研を卒業され数々の卓越した業績を挙げられている理化学研究所の宮島大吾先生(ケムステの過去記事はこちら)、③日本発の環状ホスト分子「ピラーアレーン」の生みの親の京都大学の生越友樹先生にご講演いただけることになりました。日本の超分子化学分野を代表するスーパーな若手の先生方ばかりですので、超分子分野に携わる方でもそうでない方でも、その魅力について存分に学び、楽しんでいただけると思っております。多くの方のご参加をお待ちしております!

以下が詳細になります。

実施概要

第14回ケムステVシンポジウム

「スーパー超分子ワールド」
対象:誰でも
開催日:2021年2月3日(水)
講演会:17:00~(1名30分、講演25分+質疑応答5分 “程度” を目安、各講演間に休憩3-5分程度)
会場:オンライン(講演者はZoom使用・YouTubeライブの限定URL配信)
定員:先着2000名(途中参加・退出自由)
言語:日本語
参加費:無料
講演者
酒田 陽子 先生(金沢大学)「速度論的挙動に着目した超分子金属錯体の化学」
宮島 大吾 先生(理研)「π共役分子を真っ直ぐ並べる」
生越 友樹 先生(京都大学)「柱型環状ホスト分子「ピラー[n]アレーン」の化学」

参加登録Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付Connpass利用ガイドはこちら

Vシンポ参加登録はこちら

*参加登録してURLさえゲットすれば、開始時間に間に合わなくても視聴できますので、是非参加登録をお願いします。

Twitterハッシュタグ#ケムステVシンポ

主催Chem-Station

協賛東京化成工業株式会社/ メルク株式会社/ 島津製作所

ファシリテーター

石割 文崇 & 焼山 佑美(大阪大学)

モデレーター

山内 光陽(関西学院大学)

茂垣 里奈(花王)

Youn Soo Kim(Postech)

 

念を押しますが、参加登録いただいた方に配布するURLから数日間は講演内容を見返すことができます。それ以降はアーカイブ視聴不可となる貴重な講演内容が大部分を占めますので、参加登録とライブでのご視聴をよろしくお願いします!

 

協賛企業(東京化成工業)からのお知らせ

東京化成工業

  • ウェブサイトをリニューアルしました。ぜひお越しください。
    弊社では,超分子化学研究にお役立ていただける製品パンフレットをご用意しています。
    ピラーアレーンの製品パンフレットはこちら https://bit.ly/3pjtnO8
    機能性ホスト化合物の製品パンフレットはこちら https://bit.ly/369B7uA
    配位子のパンフレットはこちら https://bit.ly/39eB175

 

メルク

  • 「96時間で最適な合成ルートを提案せよ!」
    3回目の開催となるMerck Compound Challengeでは、有機合成の腕に覚えのある方のご参加をお待ちしております。賞金10,000€獲得を目指しましょう!(参加締切 2021/2/26)
    詳細はこちら⇒http://bit.ly/2M46AYA_challenge

島津製作所

 

「科学技術で社会に貢献する」。人々の願いを実現し、社会に貢献するために。島津製作所はこれからも挑戦を続けていきます。今年で創業145周年を迎えました。→詳しくはこちら

分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい(登録無料)。→詳しくはこちら

アーカイブ動画(追記)

第14回ケムステVシンポは盛会で修了いたしました。編集して公開できる部分を公開しています。ぜひ御覧ください。

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

関連リンク

酒田陽子先生
宮島大吾先生
生越友樹先生
Kosuge

Kosuge

投稿者の記事一覧

高分子、超分子、材料化学専門の大学講師です。

関連記事

  1. もし炭素原子の手が6本あったら
  2. ReadCubeを使い倒す(1)~論文閲覧プロセスを全て完結させ…
  3. ケムステタイムトラベル2011~忘れてはならない事~
  4. 【21卒イベント 大阪開催2/26(水)】 「化学業界 企業合同…
  5. 使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニ…
  6. 生きたカタツムリで発電
  7. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  8. 結晶データの登録・検索サービス(Access Structure…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成
  2. 酸素 Oxygen -空気や水を構成する身近な元素
  3. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  4. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現
  5. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  6. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法
  7. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  8. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  9. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:宮島 大吾 先生
  10. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP