[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

[スポンサーリンク]

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。さて新年早々ですが、第14回ケムステVシンポジウムの告知です。今回のテーマは、かねてより開催要望の声が多かった「超分子化学」。栄えあるタイトルは「スーパー超分子ワールド」

今回ファシリテーターを務めますのは、第11回ケムステVシンポ「最先端精密高分子合成」よりケムステのスタッフとなりました、阪大講師の石割です。コロナウウィルスは変異種も出てきてしまい、全く収束の気配を見せませんが、今こそこういったVシンポジウムの重要性が出てくるのでは無いかと思います。

さて、この「超分子」という言葉ですが、2021年現在の世の中で一体何を指すのかと言われると、かなり難しいです。超分子化学という言葉自体は、1960年代頃のクラウンエーテル(1987年にノーベル化学賞)の発見を皮切りに、ジャン=マリー・レーン教授らにより提唱された概念であり、非共有結合で結合した分子集合体(1:1のホストゲスト系から疎水効果によるミセルのような集合体などまでも)を扱う分野であったのですが、分子マシン(2016年にノーベル化学賞)として機能するような分子スイッチなども超分子化学として捉えられている感じです。結晶内での分子同士の相互作用も超分子的相互作用の一種と考えると、有機材料のほとんどを超分子化学の一環としてみなすことも可能であり、非常に広範な分野と言えます。このように超分子化学は分野という括りに囚われることのない研究分野ですので、様々な可能性のある非常に楽しい分野です。この東京大学塩谷先生のエッセイでも、超分子化学分野を魅力的に紹介していただいております。

さて、そんな超分子化学ですが、日本は世界をリードする立場にあり、国内の超分子を扱うシンポジウム(基礎有機化学討論会ホストゲスト超分子化学シンポジウムなど)ではハイレベルな発表や討論が行われております。その様な “スーパー超分子ワールド” から今回は、①超分子化学の大家の東京大学塩谷研を卒業されノーベル賞受賞のSauvage研などを渡り歩いてこられた金沢大学秋根研究室の酒田陽子先生(ケムステの過去記事はこちらこちら。また、つい先日2020年度日本化学会女性化学者奨励賞を受賞されております。おめでとうございます!)、②同じく超分子化学の大家の東京大学相田研を卒業され数々の卓越した業績を挙げられている理化学研究所の宮島大吾先生(ケムステの過去記事はこちら)、③日本発の環状ホスト分子「ピラーアレーン」の生みの親の京都大学の生越友樹先生にご講演いただけることになりました。日本の超分子化学分野を代表するスーパーな若手の先生方ばかりですので、超分子分野に携わる方でもそうでない方でも、その魅力について存分に学び、楽しんでいただけると思っております。多くの方のご参加をお待ちしております!

以下が詳細になります。

実施概要

第14回ケムステVシンポジウム

「スーパー超分子ワールド」
対象:誰でも
開催日:2021年2月3日(水)
講演会:17:00~(1名30分、講演25分+質疑応答5分 “程度” を目安、各講演間に休憩3-5分程度)
会場:オンライン(講演者はZoom使用・YouTubeライブの限定URL配信)
定員:先着2000名(途中参加・退出自由)
言語:日本語
参加費:無料
講演者
酒田 陽子 先生(金沢大学)「速度論的挙動に着目した超分子金属錯体の化学」
宮島 大吾 先生(理研)「π共役分子を真っ直ぐ並べる」
生越 友樹 先生(京都大学)「柱型環状ホスト分子「ピラー[n]アレーン」の化学」

参加登録Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付Connpass利用ガイドはこちら

Vシンポ参加登録はこちら

*参加登録してURLさえゲットすれば、開始時間に間に合わなくても視聴できますので、是非参加登録をお願いします。

Twitterハッシュタグ#ケムステVシンポ

主催Chem-Station

協賛東京化成工業株式会社/ メルク株式会社/ 島津製作所

ファシリテーター

石割 文崇 & 焼山 佑美(大阪大学)

モデレーター

山内 光陽(関西学院大学)

茂垣 里奈(花王)

Youn Soo Kim(Postech)

 

念を押しますが、参加登録いただいた方に配布するURLから数日間は講演内容を見返すことができます。それ以降はアーカイブ視聴不可となる貴重な講演内容が大部分を占めますので、参加登録とライブでのご視聴をよろしくお願いします!

 

協賛企業(東京化成工業)からのお知らせ

東京化成工業

  • ウェブサイトをリニューアルしました。ぜひお越しください。
    弊社では,ケミカルバイオロジーに関する試薬を多数取り扱っています。
    ケミカルバイオロジーの製品カテゴリーページはこちら https://bit.ly/3gMIbBd

 

メルク

島津製作所

 

「科学技術で社会に貢献する」。人々の願いを実現し、社会に貢献するために。島津製作所はこれからも挑戦を続けていきます。今年で創業145周年を迎えました。→詳しくはこちら

分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい(登録無料)。→詳しくはこちら

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

関連リンク

酒田陽子先生
宮島大吾先生
生越友樹先生
Kosuge

Kosuge

投稿者の記事一覧

高分子、超分子、材料化学専門の大学講師です。

関連記事

  1. 実験ノートの字について
  2. 化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代配線技術編
  3. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する
  4. フェネストレンの新規合成法
  5. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化…
  6. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  7. 【速報】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」…
  8. 化学系研究室ホームページ作成ガイド

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification
  2. 情報守る“秘密の紙”開発
  3. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synthesis
  4. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  5. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  6. 2008年10大化学ニュース2
  7. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  8. 分析技術ーChemical Times特集より
  9. ヒノキチオール (hinokitiol)
  10. NMR in Organometallic Chemistry

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP