[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第25回ケムステVシンポ「データサイエンスが導く化学の最先端」を開催します!

[スポンサーリンク]

本シンポジウムは好評の後終了しました。アーカイブ動画はこちら(ケムステチャンネルへの登録をよろしくお願いいたします)。

今年度も開催します、ケムステVシンポ!
今年度一発目のVシンポのテーマは「データサイエンス」です。AI・機械学習を用いた化学分野であるケモインフォマティクスマテリアルズインフォマティクスといった言葉を聞く場面が増えたのではないでしょうか。化学の中でも特に材料や触媒開発、また創薬といった分野では機械学習が積極的に導入されているような印象を受けます。

もっとケモインフォマティクスやマテリアルズインフォマティクスを勉強したいと思いませんか?ということで、化学系のデータサイエンスのトップランナーの3名にご講演をお願いしました。

データサイエンスによる材料の開発から製造までを金子弘昌先生より、効率よく大量の実験データを取得するところから機械学習に用いた研究について谷池俊明先生より、データ駆動型化学による幅広い創薬研究について山西芳裕先生よりご講演頂きます。

このように材料開発・製造や触媒、創薬と幅広く化学に関するデータサイエンス研究を聞くことができる会を予定しています!

「データサイエンス?AI?全然関係ないし…」と思っている方いませんか?化学系のデータサイエンスのベースには実験や測定、計算から得られる良質なデータが必要です。特に良い機械学習モデルを構築するためには論文で公表されるようなポジティブなデータだけでなく、ネガティブなデータも必要だったりします。関係ないと思っていたとしても、持っているデータがいつの日かデータサイエンスを用いて生かされる日が来るかもしれません。(保証はできません!)

少しでも気になった方は是非ご登録の上、Vシンポにご参加下さい!

実施概要

第25回ケムステVシンポジウム
「データサイエンスが導く化学の最先端

対象:誰でも

開催日:2022 年 5 月 20 日 (金)

講演会:18:00~20:00(1名約30分、講演25分+質疑応答5分程度を目安、各講演間に休憩5分程度)

会場:オンライン(講演者はZoom使用・YouTubeライブの限定URL配信)

定員:先着1500名(途中参加・退出自由)

言語:日本語

参加費:無料


講演者
1. 金子 弘昌 先生(明治大学 准教授)
「データサイエンスに基づく高機能性材料の研究・開発・評価・製造」

2. 谷池 俊明 先生(北陸先端科学技術大学院大学 教授)
「ハイスループット実験 + データ科学 → ゼロからの材料設計」

3. 山西 芳裕 先生(九州工業大学 教授)
「AIによるデータ駆動型研究が拓く創薬」

参加登録:Connpass利用ガイドはこちら

Connpassイベントページで行ってください・開始15分前(17:45)まで受付

参加登録はこちら

参加登録して URL さえゲットすれば、YouTube Live に間に合わなくても数日間タイムシフト視聴できます。

Twitterハッシュタグ#ケムステVシンポ

主催Chem-Station

協賛東京化成工業株式会社/ メルク株式会社/ 島津製作所

後援:学術変革領域 (A) 「デジタル有機合成

ファシリテーター
本田 麻里子 (横国大・理工 学部生)

モデレーター
海東 和麻 (九工大・情報工 研究員)
安田 大輔 (大阪医薬大・薬 助教)
石割 文崇 (阪大・工 講師)

ご質問・ご感想はYouTubeのチャットで受け付けています。

以前から質疑応答をより充実させてほしいという声にお答えすべく、質問数を増やし、会の終わりにもう一度振り返り全員の講師に対する質問コーナーを設けようと思います。
活発な質疑討論に是非ご参加下さい!

協賛企業からのお知らせ

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

東京化成工業

東京化成工業は,「試薬を通じて社会貢献する」を企業理念に,グローバルビジネスを展開する試薬メーカーです。科学技術の進歩に対応し,皆様のニーズに対応するため,日々新たな製品の開発に取り組んでいます。弊社パンフレットを以下リンク先でpdfファイルとしてご提供しています。
以下リンク先からダウンロードしてご利用ください。
https://www.tcichemicals.com/JP/ja/support-download/brochures/categorized_brochures_1

Merck

【クロスカップリング反応最適化のデジタルソリューション】
Phosphine Predictorは、Matthew S. Sigman教授(ユタ大学)の統計的予測モデルを元に開発された有機合成のデジタルソリューションです。市場にある600種類以上のホスフィンリガンドから、反応系に適したリガンド候補を予測します。
▼詳細はこちら
https://bit.ly/3rfxDRS_Digital

島津製作所

島津製作所は145周年以上の歴史を持つ老舗分析計測機器メーカーです。人々の願いを実現し、社会に貢献するためにこれからも挑戦を続けていきます。 素人から玄人の方までご満足いただける、分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい!(登録無料)→詳しくはこちら

アーカイブ動画公開

関連リンク

金子弘昌 先生
谷池俊明 先生
山西芳裕 先生

hoda

投稿者の記事一覧

大学院生です。ケモインフォマティクス→触媒

関連記事

  1. テトラセノマイシン類の全合成
  2. 第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料R…
  3. ベンゼン環を壊す“アレノフィル”
  4. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング
  5. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化
  6. 「新規高活性アルコール酸化触媒 nor-AZADOの有用性」 第…
  7. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  8. 日本薬学会第144年会付設展示会ケムステキャンペーン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり ⑦:「はん蔵」でラクラク捺印の巻
  2. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System
  3. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
  4. アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回
  5. アジリジンが拓く短工程有機合成
  6. 2016年化学10大ニュース
  7. 表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~
  8. ヘリウム不足再び?
  9. 114番元素生成の追試に成功
  10. ニトログリセリン / nitroglycerin

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

最新記事

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい糖分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP