[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファンケルの身近な健康に関する研究開発

[スポンサーリンク]

ファンケルは、体内の微量栄養素を非侵襲的に分析し、充足状態を判定する技術の研究を行っています。当社で開発した、「βカロテンの充足状態を少量の尿を用いて推定する技術」を活用し、自宅から送っていただいた尿を用いた検査で体内のβカロテンと生活習慣との関連を調査しました。その結果、先行研究で報告されている血液を用いた調査結果と同様、自宅で採取した少量の早朝第一尿に含まれるβカロテンを分析することで、簡単に体内のβカロテン量を把握できることが分かりました。  (引用:ファンケルプレスリリース6月29日)

ファンケルは、ニキビが繰り返し発症する肌の改善を目的とした研究を、当社独自の肌解析方法「角層バイオマーカー」で行っています。今回、繰り返すニキビと皮膚の炎症の関係について研究し、皮膚の炎症に関わるタンパク「NGAL(ゼラチナ
ーゼ関連リポカリン)」が、ニキビ発生時のみならず、肌の表面上にニキビ症状がない時にも、皮膚内で過剰に増加していることを発見しました。さらに、過剰に発生した「NGAL」を抑制する成分として、皮膚細胞を用いた実験で「トラネキサム酸」を見いだし、トラネキサム酸および抗炎症成分を配合したスキンケア製品を用いた連用試験において、赤ニキビ(炎症性皮疹)の数が減少し、ニキビが改善されることを確認しました。  (引用:ファンケルプレスリリース6月23日)

ファンケルは、化粧品やサプリメントなど美容と健康に関する製品を製造販売している企業ですが、商品開発だけでなく基礎研究にも力を入れているようです。今回2件のプレスリリースが発表されましたので紹介させていただきます。

1件目は、体内のβカロテンについてです。緑黄色野菜に多く含まれているβカロテンは、体内でビタミンAに変換されることで皮膚や粘膜を強化するなどさまざまな健康維持増進作用を持つことが知られています。そのためβカロテンを積極的に摂取すべきと言われていますが、自分がどれくらい摂っているかを客観的に調べることは困難です。そこでファンケルでは、尿から体内のβカロテンの量を分析する技術を開発してきました。具体的に2021年の12月には、尿から効率よく抽出・濃縮することに成功し尿と血中の濃度に相関があることを確認しました。

そして今回、ファンケルの従業員260人の尿を調べ、βカロテンの濃度と喫煙歴、飲酒習慣、βカロテン強化食品摂取習慣との相関を調べました。すると、喫煙や飲酒している人は、尿中のβカロテン量が低いことが分かりました。これは血清βカロテン量を調べた場合と同じで喫煙や飲酒によるβカロテンの消費を尿でも確認できることが示されました。逆にサプリメントや野菜ジュースなどのβカロテン強化食品を摂取している人は尿中のβカロテン量が高く、尿中βカロテン量がβカロテンの摂取量を反映する指標であることも示唆されました。今後は、体内の状態を確認してサプリメントを提供するサービスへの活用を目指すそうです。

この調査結果について、喫煙や飲酒をしていてもβカロテン強化食品を摂取すると尿中のβカロテン濃度が向上するのかが気になるところです。サプリメントには摂取目安が書かれていますが、食べ物からも摂取しているわけであり自分がどの栄養素をどれくらい摂取したほうが良いかは分かりません。βカロテンだけでなく他の栄養素についても簡便に調べることができれば、サプリメントのマーケティングとしてだけでなく、健康状態の管理にも役立ち、さらには体内の栄養素と病気予防の相関も詳しくわかるようになると考えられます。

2件目はニキビについてで、ファンケルでは肌角質のタンパク質を調べる技術「角層バイオマーカー」を開発し店頭でのカウンセリングと肌の改善を目的とした研究に活かしてきました。

今回のプレスリリースでは、NGAL(好中球ゼラチナーゼ結合性リポカリン)とニキビの関係の解明を行いました。一定期間ごとにNGALの量を調べたところ、頬部の各角層中にあるNGALがニキビができにくい人の頬部と比較して高いことが分かりました。また、ニキビが肌の表面上から消えた 7 日後においても、NGALは依然として高いことが確認されています。つまり、ニキビができやすい人は、ニキビが消えている時も肌内部でNGALが過剰に増え、炎症状態であることが示唆されました。

次にニキビを防止するためにNGALを抑制する成分の探索を行ったところトラネキサム酸に、NGALを抑制する効果を確認しました。

そして実際に人の肌でテストしたところ、トラネキサム酸および抗炎症成分が配合された使用後においては赤ニキビ(炎症性皮疹)の数が減少し、ニキビが改善されることが確認されました。今後、NGALとニキビ発症の関連について詳細を調べ、ニキビの悩みに寄り添う研究成果を創出していくそうです。

ファンケルでは、このNGALに対して別の発表を行っており、熟成ホップエキスと呼ばれる素材を含む乳液を使用したところ、NGALの量が抑制されることが確認されています。

もちろん、このNGALだけがニキビに関連しているわけではないと思いますが、化学品の使用に対応して原因物質が抑制されたことは、興味深い結果だと思います。たくさんのニキビケアに関する商品が販売されていますが、効く効かないは人によって異なるようで、このような研究によって科学的に効果的な商品が選べるようになることを期待します。

ファンケルのホームページは、研究開発のコンテンツが充実しておりニュースリリースだけでなく簡潔にまとめられた研究開発レポートや、詳しいデータが貼り付けられている研究開発ストーリーなどはサプリメントや化粧品に詳しくなくても楽しめる内容になっています。今後もファンケルの研究開発から目が離せません。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表
  2. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  3. 『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)…
  4. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ20…
  5. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  6. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆…
  7. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ
  8. 200MHzのNMRが持ち歩けるって本当!?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む
  2. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  3. 新しいエポキシ化試薬、Triazox
  4. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  5. 二酸化セレン Selenium Dioxide
  6. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授
  7. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  8. ルィセンコ騒動のはなし(前編)
  9. ケムステV年末ライブ & V忘年会2021を開催します!
  10. なぜあなたは論文が書けないのか

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP