[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファンケルの身近な健康に関する研究開発

[スポンサーリンク]

ファンケルは、体内の微量栄養素を非侵襲的に分析し、充足状態を判定する技術の研究を行っています。当社で開発した、「βカロテンの充足状態を少量の尿を用いて推定する技術」を活用し、自宅から送っていただいた尿を用いた検査で体内のβカロテンと生活習慣との関連を調査しました。その結果、先行研究で報告されている血液を用いた調査結果と同様、自宅で採取した少量の早朝第一尿に含まれるβカロテンを分析することで、簡単に体内のβカロテン量を把握できることが分かりました。  (引用:ファンケルプレスリリース6月29日)

ファンケルは、ニキビが繰り返し発症する肌の改善を目的とした研究を、当社独自の肌解析方法「角層バイオマーカー」で行っています。今回、繰り返すニキビと皮膚の炎症の関係について研究し、皮膚の炎症に関わるタンパク「NGAL(ゼラチナ
ーゼ関連リポカリン)」が、ニキビ発生時のみならず、肌の表面上にニキビ症状がない時にも、皮膚内で過剰に増加していることを発見しました。さらに、過剰に発生した「NGAL」を抑制する成分として、皮膚細胞を用いた実験で「トラネキサム酸」を見いだし、トラネキサム酸および抗炎症成分を配合したスキンケア製品を用いた連用試験において、赤ニキビ(炎症性皮疹)の数が減少し、ニキビが改善されることを確認しました。  (引用:ファンケルプレスリリース6月23日)

ファンケルは、化粧品やサプリメントなど美容と健康に関する製品を製造販売している企業ですが、商品開発だけでなく基礎研究にも力を入れているようです。今回2件のプレスリリースが発表されましたので紹介させていただきます。

1件目は、体内のβカロテンについてです。緑黄色野菜に多く含まれているβカロテンは、体内でビタミンAに変換されることで皮膚や粘膜を強化するなどさまざまな健康維持増進作用を持つことが知られています。そのためβカロテンを積極的に摂取すべきと言われていますが、自分がどれくらい摂っているかを客観的に調べることは困難です。そこでファンケルでは、尿から体内のβカロテンの量を分析する技術を開発してきました。具体的に2021年の12月には、尿から効率よく抽出・濃縮することに成功し尿と血中の濃度に相関があることを確認しました。

そして今回、ファンケルの従業員260人の尿を調べ、βカロテンの濃度と喫煙歴、飲酒習慣、βカロテン強化食品摂取習慣との相関を調べました。すると、喫煙や飲酒している人は、尿中のβカロテン量が低いことが分かりました。これは血清βカロテン量を調べた場合と同じで喫煙や飲酒によるβカロテンの消費を尿でも確認できることが示されました。逆にサプリメントや野菜ジュースなどのβカロテン強化食品を摂取している人は尿中のβカロテン量が高く、尿中βカロテン量がβカロテンの摂取量を反映する指標であることも示唆されました。今後は、体内の状態を確認してサプリメントを提供するサービスへの活用を目指すそうです。

この調査結果について、喫煙や飲酒をしていてもβカロテン強化食品を摂取すると尿中のβカロテン濃度が向上するのかが気になるところです。サプリメントには摂取目安が書かれていますが、食べ物からも摂取しているわけであり自分がどの栄養素をどれくらい摂取したほうが良いかは分かりません。βカロテンだけでなく他の栄養素についても簡便に調べることができれば、サプリメントのマーケティングとしてだけでなく、健康状態の管理にも役立ち、さらには体内の栄養素と病気予防の相関も詳しくわかるようになると考えられます。

2件目はニキビについてで、ファンケルでは肌角質のタンパク質を調べる技術「角層バイオマーカー」を開発し店頭でのカウンセリングと肌の改善を目的とした研究に活かしてきました。

今回のプレスリリースでは、NGAL(好中球ゼラチナーゼ結合性リポカリン)とニキビの関係の解明を行いました。一定期間ごとにNGALの量を調べたところ、頬部の各角層中にあるNGALがニキビができにくい人の頬部と比較して高いことが分かりました。また、ニキビが肌の表面上から消えた 7 日後においても、NGALは依然として高いことが確認されています。つまり、ニキビができやすい人は、ニキビが消えている時も肌内部でNGALが過剰に増え、炎症状態であることが示唆されました。

次にニキビを防止するためにNGALを抑制する成分の探索を行ったところトラネキサム酸に、NGALを抑制する効果を確認しました。

そして実際に人の肌でテストしたところ、トラネキサム酸および抗炎症成分が配合された使用後においては赤ニキビ(炎症性皮疹)の数が減少し、ニキビが改善されることが確認されました。今後、NGALとニキビ発症の関連について詳細を調べ、ニキビの悩みに寄り添う研究成果を創出していくそうです。

ファンケルでは、このNGALに対して別の発表を行っており、熟成ホップエキスと呼ばれる素材を含む乳液を使用したところ、NGALの量が抑制されることが確認されています。

もちろん、このNGALだけがニキビに関連しているわけではないと思いますが、化学品の使用に対応して原因物質が抑制されたことは、興味深い結果だと思います。たくさんのニキビケアに関する商品が販売されていますが、効く効かないは人によって異なるようで、このような研究によって科学的に効果的な商品が選べるようになることを期待します。

ファンケルのホームページは、研究開発のコンテンツが充実しておりニュースリリースだけでなく簡潔にまとめられた研究開発レポートや、詳しいデータが貼り付けられている研究開発ストーリーなどはサプリメントや化粧品に詳しくなくても楽しめる内容になっています。今後もファンケルの研究開発から目が離せません。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  2. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用
  3. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発…
  4. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発
  5. 昭和電工、青色LEDに参入
  6. MUKAIYAMA AWARD講演会
  7. 分析化学の約50年来の難問を解決、実用的な微量分析法を実現
  8. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フィンランド理科教科書 化学編
  2. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018
  3. 合成とノーベル化学賞
  4. オルガネラ選択的な薬物送達法:②小胞体・ゴルジ体・エンドソーム・リソソームへの送達
  5. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発
  6. マテリアルズ・インフォマティクスの導入・活用・推進におけるよくある失敗とその対策とは?
  7. タミフルの新規合成法
  8. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続
  9. 出光・昭和シェル、統合を発表
  10. 有機合成化学協会誌2020年4月号:神経活性化合物・高次構造天然物・立体選択的エーテル環構築・二核ルテニウム錯体・多点認識型含窒素複素環カルベン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP