[スポンサーリンク]

ケムステニュース

シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日

東北大は4月12日、ノーベル化学賞を受賞した米カリフォルニア工科大のアハメッド・H・ズウェイル教授を招いた公開シンポジウムを仙台市青葉区の仙台国際センターで開く。ズウェイル教授は同大学が世界的に著名な研究者を招へいする「ユニバーシティプロフェッサー」の第1号で、来月9日に就任する予定。同大学の100周年を記念する公開シンポジウムで、県民、市民に同教授を紹介し、先端研究に触れてもらう機会にする。(引用:毎日新聞)

 

関連リンク

 

ノーベル受賞者、東北大が米から招請

ゼワイル氏は、光でさえ1ミリも進めない数百兆分の1秒の間に進む化学反応をレーザー光を使って観察、「フェムト(1フェムトは1000兆分の1)秒化学」と呼ぶ分野を切り開いた。

 


関連書籍


現代物理科学―フェムトからハッブルの世界まで

大学生および大学院生を対象に、現代物理を概観するテキスト。現代物理を科学技術の基礎をなすものという観点から、膨大な現代物理の体系をできるだけ簡潔に、しかし数学的な厳密さに妥協することなく統一的に記述する。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  2. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  3. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  4. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水…
  5. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結
  6. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  7. 地位確認求め労働審判
  8. 米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カーボン系固体酸触媒
  2. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  3. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthesis
  4. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  5. 遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法
  6. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」
  7. シュプリンガー・ネイチャーが3つの特設ページを公開中!
  8. 基礎から学ぶ機器分析化学
  9. ダウとデュポンの統合に関する小話
  10. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成

関連商品

注目情報

最新化学書籍レビュー

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP