[スポンサーリンク]

ケムステニュース

シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日

東北大は4月12日、ノーベル化学賞を受賞した米カリフォルニア工科大のアハメッド・H・ズウェイル教授を招いた公開シンポジウムを仙台市青葉区の仙台国際センターで開く。ズウェイル教授は同大学が世界的に著名な研究者を招へいする「ユニバーシティプロフェッサー」の第1号で、来月9日に就任する予定。同大学の100周年を記念する公開シンポジウムで、県民、市民に同教授を紹介し、先端研究に触れてもらう機会にする。(引用:毎日新聞)

 

関連リンク

 

ノーベル受賞者、東北大が米から招請

ゼワイル氏は、光でさえ1ミリも進めない数百兆分の1秒の間に進む化学反応をレーザー光を使って観察、「フェムト(1フェムトは1000兆分の1)秒化学」と呼ぶ分野を切り開いた。

 


関連書籍


現代物理科学―フェムトからハッブルの世界まで

大学生および大学院生を対象に、現代物理を概観するテキスト。現代物理を科学技術の基礎をなすものという観点から、膨大な現代物理の体系をできるだけ簡潔に、しかし数学的な厳密さに妥協することなく統一的に記述する。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ…
  2. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  4. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  5. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  6. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  7. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調…
  8. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  2. ジアゾメタン
  3. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  4. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC
  5. ODOOSをリニューアル!
  6. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrrole Synthesis
  7. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  8. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  9. 有機分子触媒ーChemical Times特集より
  10. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP