[スポンサーリンク]


2019年 6月 24日

  1. 発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

    A novel class of radiopharmaceuticals has proven effective in non-invasively identifying nearly 30 types of malignant …

  2. 化学探偵Mr.キュリー8

    化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2022年7月号:アニオン性相間移動触媒・触媒的分子内ヒドロ官能基化・酸化的クロスカップリング・エピジェネティクス複合体・新規リンコマイシン誘導体
  2. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  3. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017
  4. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり④:「ブギーボード」の巻
  6. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthesis
  7. 2009年8月人気化学書籍ランキング

注目情報

最新記事

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

PAGE TOP