[スポンサーリンク]

その他

化学探偵Mr.キュリー8

[スポンサーリンク]

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリーズは7冊も出版しており人気シリーズとなっています。拙ブログではこのシリーズを特に応援しており、毎回新作が出版される度に、著者へご紹介をお願いしてきました。

さて、その化学探偵シリーズですが、6月25日に待望の8冊目がでるそうです。今回も、著者紹介をお願いしましたので御覧ください。

著者からご挨拶

「化学者のつぶやき」をご覧の皆様。いつもお世話になっております。喜多喜久です。

2013年から毎年刊行を続けている例のシリーズの新作が出ることになりましたので、恒例になりました紹介記事を投稿させていただきます。

新刊のタイトルは、「mr-c7.html化学探偵Mr.キュリー8」です。(中央公論新社・6/25刊行)

前作「」は“サブキャラクターたちを主役に据えた短編集”でしたが、今作は1~5巻までと同じく、沖野と舞衣が二人で謎を解いていくスタイルに戻っています。

ということで、いつものように簡単にあらすじを紹介いたします。

化学探偵Mr.キュリー8あらすじ

第一話:化学探偵と棄てられた覚醒剤

四宮大学では、実験室から出た水溶性の廃液の水質検査を行っている。その廃液から覚醒剤の成分が検出されたという連絡が。実験室で何者かが覚醒剤を合成した疑惑を調査すべく、舞衣と沖野は廃水の出どころを探ることに。

第二話:化学探偵と禁断の果実

四宮大学で定期的に行われている小学生向けの見学会で、一人の児童が突然意識を失って倒れる事件が発生。時を同じくして、農学部が管理している温室に何者かが侵入したとの一報が。舞衣は沖野の力を借りながら、二つの事件の解決に乗り出す。

第三話:化学探偵と爆発動画の怪

インターネット上に、爆発の瞬間を移した動画が投稿される。その撮影場所が四宮大学のグラウンドではないか、という指摘が寄せられる。安全管理のために、舞衣はその真相究明に取り組むことに。

第四話:化学探偵と心の枷

舞衣が担当しているなんでも相談窓口に女子学生が現れる。彼女の交際相手は化学系の研究室に所属しており、実験が忙しすぎて全然会えないのだという。そこで本人に話を聞いてみると、研究にのめり込みすぎた挙句、心身に不調をきたしていることが明らかに。

第五話:池のほとりに立つ彼女 ―2003年のMr.キュリー

大学生となった湯浅信希(七巻参照)は、学内の池のほとりに佇む女性を見掛ける。彼女の神妙な様子に、何か悩みがあるのではと不安になり、沖野に相談する。

(大学時代の沖野のエピソードで、ボイスドラマの原作を書き起こしたもの)

あらすじは以上になります。

シリーズ開始から6年!

」「7」と番外編的な巻が続きましたが、しばらくは今作のように、おなじみのキャラクターたちが活躍する話を書いていく予定です。

また、ボイスドラマからのスピンオフである、学生時代の沖野のエピソードもなかなか人気のようですので、こちらもまた続きを書いていこうかなと思っています。

シリーズの開始からもうすぐ丸六年。作中は今作でちょうど二年目が終わり、次回から三年目に突入します。最初は現実も物語世界も同じ2013年でしたが、現時点で四年のずれが生じてしまっています。長期作品の宿命ですが、ガラケーからスマホへの変化のような、大きな違いが出てこないことを祈りたいと思います(笑)

シリーズが長くなったので、読者それぞれにお気に入りのキャラクターがいるのではないかと思います。僕自身、もっと活躍するところを見たいキャラクターたちがいますし、今後もキュリーシリーズを続けたいと強く願っています。

ということで、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします!

他の関連するケムステ記事

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  2. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~
  3. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化…
  4. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  5. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  6. Guide to Fluorine NMR for Organi…
  7. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用
  8. アルケンとニトリルを相互交換する

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Reaxys Prize 2012ファイナリスト45名発表!
  2. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  3. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull Method for Determination of Enantiomeric Excess
  4. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  5. 歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン
  6. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  7. 微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する
  8. 抗がん剤などの原料の新製造法
  9. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー
  10. 野崎 一 Hitoshi Nozaki

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP