[スポンサーリンク]

一般的な話題

化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解めっきの原理編~

[スポンサーリンク]

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレクトロニクス産業で活躍する化学や材料のトピックスを詳しく掘り下げて紹介します。今回は近年主流となりつつある無電解めっきを特集します。

無電解めっきとは文字どおり電解によらないめっき方法で、溶液中の還元剤によって金属イオンが還元され析出する化学めっき、より卑な下地金属が貴な金属のイオンと置換する置換めっき金属樹と同様の原理)、そのほかにアマルガム(液体の水銀合金)やスパッタリングを用いる手法があります。この項では主に化学めっきを無電解めっきとして紹介します。

無電解めっきの歴史

無電解めっきの歴史は電解めっきより新しく、1835年にドイツの化学者、トレンスによって発見された「銀鏡反応」に端を発しています(彼の名にちなんで、アンモニア性硝酸銀溶液はトレンス試薬と呼ばれています)。高校化学におけるアルデヒドの検出法として名高い反応が、歴史的にも重要な価値を持っているというのは興味深いですね。銀鏡反応はその名の通り、当初はを製造するために使われました。電気めっきとは異なり、無電解めっきでは電気を通さない絶縁体の表面にもめっきを施すことができるのが最大の利点です。なお、現在でも多くの鏡は無電解めっきによって製造されています。

鏡は身近な無電解めっき製品です(画像:pikrepo

ただ、銀鏡反応を試験管で行うと、内壁のガラス全面に銀が析出してしまうことからもお分かりいただけるように、これは接触した表面すべてに手当たり次第に析出してしまうものです。ただ単に金属イオンと還元剤とを混ぜただけで反応が進行してしまっては、容器の壁面などありとあらゆる場所がめっきされてしまう上、溶液としての保管も困難となります。そのため無電解めっきを施す部分と施さない部分のパターニングを行うためには、析出した金属上にのみ次の析出が起こる、自己触媒的な反応である必要があります。すなわち、還元によって生じた単体金属が、還元剤による金属イオンの還元を促進する触媒としてはたらき、その存在なしに反応が進行しなければ余計なところまでめっきされることはなくなります。逆に、あらかじめ触媒金属の微粒子を付与しておけば、プラスチックなどの不導体であっても直接めっきすることが可能となります。これが無電解めっきの最大の強みです。

この特徴を備えたはじめての無電解めっきは、1946年にブレンナーらによって発見された無電解ニッケルめっき(Catalytic Nickel Generationの略でカニゼンとも呼ばれます)です。これは還元剤を添加しためっき液を電解したところ、100%を超える収率が得られたことが発見のきっかけであるといわれています。

絶縁体表面の狙った部位のみにめっきを施せるこの技術の発展により、1962年にはABS樹脂上に銅-クロム-ニッケル合金の被膜をコーティングできるようになりました。この技術が基礎となって、現代の自動車産業を支える部品が作られるようになっています。軽いプラスチックに薄い金属を被覆することで、大幅な軽量化や省資源化に貢献しました。

自動車のエンブレムの多くは無電解めっきで製造されています(画像:Pixabay

現在では半導体集積回路内の微細配線から自動車のボディに至るまで、さまざまな工業製品が無電解めっきを用いて製造されています。

無電解めっきの原理

外部電源から電流量、電位を制御可能な電解めっきと異なり、無電解めっきにおいてはアノード・カソードの区別がなく、金属イオンと還元剤の溶液と触媒に接触させた時点で反応の様相は決定されているといっても過言ではありません。そこで、無電解めっきを理解する上で重要となるのが、混成電位理論です。

無電解めっきにおいては還元剤が酸化される反応と金属イオンが還元される反応とが同一電極上で進行します。それぞれの反応の分極曲線を図示すると、以下のようなグラフが得られるはずです(Butler-Volmer式を参照)。ここで、還元剤の酸化反応によって供給された電子数と、金属イオンの還元によって消費された電子数は一致しなければならないので、「アノード電流」iaと「カソード電流」icは同じ値となります。すなわちia = icとなる電位Empがこの系において観測される混成電位であり、この電極電位を保ったまま反応が進行することとなります。

a

混成電位理論の模式図(画像:[1]より抜粋)

なお、拡散律速条件においては電位を平衡電位から動かしても電流値は頭打ちとなります。このような場合、撹拌によって反応物を供給すれば再び電流値は増大することから、撹拌によって混成電位がどのように変化するかを観測することによってその系の律速段階を突き止めることができます。近年では水晶振動子マイクロバランス(QCM)を用いることで外 部分極曲線と局部カソード分極曲線の同時記録ができるため、反応機構の解析に一役買っています。

・・・

長くなりましたのでこのあたりで区切ります。次回は無電解めっきに汎用される還元剤について掘り下げていきますのでお楽しみに!

参考文献

[1] 松岡 政夫, 無電解めっきの原理, 表面技術, 1991, 42 巻, 11 号, p. 1058-1067

関連書籍

gaming voltammetry

berg

投稿者の記事一覧

化学メーカー勤務。学生時代は有機をかじってました⌬
電気化学、表面処理、エレクトロニクスなど、勉強しながら執筆していく予定です

関連記事

  1. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  2. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  3. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人
  4. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!
  5. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ③「ポス…
  7. 電気化学の力で有機色素を自在に塗布する!
  8. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 最後に残ったストリゴラクトン
  2. ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler bassler
  3. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shibata (CBS) Reduction
  4. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel
  5. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?
  6. Reaxys Prize 2012ファイナリスト45名発表!
  7. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  8. 固体型色素増感太陽電池搭載マウスを買ってみました
  9. Wen-Jing Xiao
  10. 有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

深紫外光源の効率を高める新たな透明電極材料

第467回のスポットライトリサーチは、東京都立大学大学院 理学研究科 廣瀬研究室の長島 陽(ながしま…

化学メーカー発の半導体技術が受賞

積水化学工業株式会社の高機能プラスチックスカンパニー開発研究所エレクトロニクス材料開発センターが開発…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP